舛添要一氏の行動からコメンテーターのあり方を考える(2)ネットサポーターを作れ

テレビのコメンテーターとして話す人の中には、性格云々は置いておいて、どんな思想に立ち位置があるかでその評価が判断されるところがあります。テレビを見ている人たちに共感されるか否かは、やはりどんな立場でコメントをするかということと無関係ではないでしょう。

舛添さんの経歴を見ると、東京大学法学部を卒業され東京大学教養学部政治学助教授となり、テレビには「国際政治学者」という片書きで登場されました。恐らく舛添氏とテレビとの関係を考える時、「朝まで生テレビ!」(テレビ朝日系 金曜深夜月一回放送)での印象が強く、当時の左派論客を理詰めにやりこめる姿に拍手喝采を送った人も少なからずいるのではないでしょうか。

「朝まで生テレビ!」放送開始は1987年ということで、まだインターネットではなく視聴者の意見は直接電話するかファクシミリを使って送る一方通行のものでしたが、番組的には右派の論客として今まではテレビを通して聞けなかった意見をズバズバ言うさまは新鮮に映ったように思います。

もちろん、あの姿を見るだけでいやだと拒否反応を示していた方もいたことでしょうが、そういう人というのは番組にファクシミリを送る人はそういないと思いますし、当時あえて工作員のようなものを組織して抗議するような集団もなかったように思います。ただ、個人攻撃だけに終始する偏った意見はテレビ局の方で外されるような対応が普通だったと思いますので番組で紹介されることはほとんどなかったでしょう。また、番組内での舛添氏の意見に反論する意見があったとしても、個人の感想のような意見について当時は直接思想性についての批判を言わずに「衆愚の極み」というようなキーワードを言ったりして、反対する意見についてはそれほど気にしなかったというか、そうした意見を無視してでも強気な発言を繰り返す姿勢にこそ人気が集まったのではないかと今振り返ってみると思えます。

現代と当時とは当然状況は違ってくるとは思いますが、昔も今も、世論調査を行なえばどうしても保守派の意見の方が大勢を占める傾向にあります。長くコメンテーターとして生き残っていくためにはやはり思想的には左右で言えば右であることに越したことはないでしょう。さらに、現代の社会は番組に送られてくるファクシミリや電話だけをコントロールすればいいという事ではなく、様々なネット上の発言についてしっかりコントロールする必要が出てきます。

といっても話はそう難しいものではありません。現代のネット世論と言うべきものは、どれだけの人が書いているかは不明なものの、その数においては圧倒的に政府自民党を支持する意見が多いので、基本的には政府擁護を訴えながらも100%同調はせず、理にかなった批判も行なうようにすれば、保守層の中で現在の安倍首相のみが正義という立ち位置でネット発信をしている人からの批判は出るかも知れませんが、左の発言をピシャっと封じる中で、「健全な保守」を求めて頑張っているという姿を演出でき、ネット世論を味方に付けることは十分可能でしょう。

舛添氏の場合も、東京大学の権威を否定るする形で東京大学の助教授という肩書を投げうって在野の人になったことで、自由に物が言えるようになりさらにテレビ出演が増えていきました。「朝まで生テレビ!」と比べるとかなりバラエティー色が強い「TVタックル」という番組にも出会い、そこで程よい天敵として「ハゲ!」と罵倒されることで視聴者の同情を買った田嶋陽子氏とも出会いました。以降、お2人の掛け合いは番組の名物になり、出演の回数も増えていきます。

これは、舛添氏の立場としては単なるお堅い国際政治学者としての認識が変わり、庶民的な存在へと変わる上で良いテレビの利用方法と言えたのではないでしょうか。東大卒で頭も切れるが人間味もある存在ということになれば、テレビの世界ではさらに出演を請われることになり、討論番組だけではなくバラエティにも進出し、自身で書かれた本の宣伝ができたりと、連日テレビに出て意見の言える人になっていくことになります。しかも保守寄りの意見が多いのでテレビ局も安心して使えるということになります。

さらに、番組内で意見を言う時には主要な一般の方の見るようなサイトでの議論を主導する「ネットサポーター」を育成することも現代では欠くことのできない対策だと言えるでしょう。とにかく自分の言う意見に同調の書き込みをしてくれる人が増えれば言うことはありませんが、基本的には自分の方からそうしたネット世論に寄った発言をすることで、何かの拍子で自分が窮地に追い込まれるような失敗をしでかした時にはネット上から擁護の声が挙がってくるようになってくればもはやコメンテーターとしては盤石でしょう。

もちろん、テレビの中からは真摯に失敗したことについては詫びを入れ、殊勝に務めることによって今後のテレビ出演の継続も確保されることになるでしょう。ネット民と言われる人によって炎上する場合、左の人たちだけが騒ぎ出してもより勢いの強い右の立場の人たちの擁護が勝手に入りますが、保守派を標榜しながらネトウヨから叩かれてしまうようでは、左右関係なく叩かれるだけになってしまいますので、人の言う事を全く聞かないという性格など人間の根元に当たるような問題をテレビで出さないようにする注意も必要でしょう。

※ここまで書かせていただいた内容をリンクの形でまとめさせていただきました。興味のある方はリンク先からもご覧下さい。

(1)恥も外聞も関係なし
(2)ネットサポーターを作れ
(3)発言は大声で尺に収める
(4)常に「仮想敵」を作る
(5)到達点を見際める


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA