地上波」カテゴリーアーカイブ

面白い素人をさらに面白く見せるのが芸人の腕?

芸能人がロケに出てその内容について千鳥の二人がロケのVTRに壮絶に突っ込むのがこの番組の真骨頂ですが、今回は大阪の中でも芸人以上にテレビ映えする素人さんの巣窟である(以前「明石家電視台」に出演した大阪のおばちゃんもそうでした(^^))新世界にロケに入り、M-1グランプリ決勝進出者がのきなみ登場し、一番ロケが面白いコンビを決定するという内容でした。

この企画は先週から行われていて、その分を含めた内容で優勝したのが、M-1グランプリ決勝で8位に沈んだ「ニューヨーク」だったのですが、そのVTRでしょっぱなに登場し、昼間から出来上がっているその日に仕事をクビになったというやばそうな若めの女性が出てきたときには、テレビを見ているだけでも新世界とは怖いところだと(^^;)思いそうになったのですが、そこからかなり意外な展開になっていきました。

恐らく他の視聴者の方々も、このように酔った感じでテレビカメラが回っているにも関わらず馴れ馴れしく場に入って主導権を握っていく素人というのは、相当面白くないとテレビで見ている人まで面白くなることはありません。私自身も見ていてそのパターンだったのですが、やはりここは大阪だからかなのか、それともロケをしたテレビスタッフが絶妙のところでVTRを編集したからなのか、この若いお姉さんは途中で破綻することなくニューヨークのお二人と話を続け、街ブラ-1GP初代王者をニューヨークが一点差で獲得するキーパーソンになったような気がします。

なぜそんなにカメラ慣れしているのかというと、出演時にもその人が言っていたのですが、始めたばかりとはいえ、YouTuberとしてスマホのカメラの前に向かって自分で言いたいことを喋って発信するということを以前から実践していたということがあるのではないかと思います。

番組外のネットでは、あのお姉さんのアカウントは何だ? と一部色めき立ち、今では「相席食堂のクビになったお姉さん」で検索すればすぐにその人のYou Tubeチャンネルが出てきます。この辺は実にテレビとネットが連動している感じですね。

その内容を見ると、このお姉さんがなぜ数えきれないほど仕事をクビになっているかということがわかります。単なる酔っぱらいの面白いお姉さんというところしかテレビでは写りませんでしたが、興味のある方はその動画を探せばわかります。ただ、テレビのような面白さを期待しても、やはり固定カメラで自分のしゃべるのを撮影するだけのものと、きちんとテレビを見ている人が面白いと思ってもらえるように編集してあるものとは違います。しかし、そのお姉さんが自らの事を語るさまというのは、やはりカメラ慣れしている感じが半端ではなく、これもスマホを単なる電話として捉えるのではなくいつでもテレビ番組のような動画が撮れるハードとして使いこなしている感じを受けました。

むろん、いくらテレビ慣れしていて、それなりに面白い内容を発信していたとしても、その面白さを知るきっかけがなくては話になりません。しかし、たまたまこのお姉さんは相席食堂のロケに遭遇したことで、一時ではありますが多くの人に知られるチャンスを得ることになりました。このようにして出てきたのがフワちゃんのような芸人への入口にYou Tubeを使う人たちで、今回のお姉さんもこれからどんな形で活動していくのかはわかりませんが、今までと違った入口でテレビ出てくる人はこれからも増えていくのだろうなとふと思いました。結果的にこのお姉さんはニューヨークに出会ったことがラッキーだったという風に思います。

ちなみに前回の前半のロケが低調に終わったのは、出演していた漫才コンビより地元で飲んでいるお兄さんやおじさんの方が面白く、さらには自分からその場を回しに行ったりして、台本を作り込んで面白さを作るようなタイプの芸人さんには大変なロケだったで、多くのコンビがそのプレッシャーの中で潰されてしまったのではないかと思われます。ただ、そうした「天然の面白さ」を持つ素人や、下手な芸人よりエピソードトークが多彩なYouTuberにからみ、普通に相手に話をさせるよりさらなる面白さを引き出すような事が出来ないと、地上波のバラエティでメインの座に座ることはなかなか難しいと思われます。

今回の街ブラー1グランプリは優勝したミルクボーイこそ出ませんでしたが、M-1グランプリとは全く違う意味でテレビで見て面白い芸人は誰かということをはっきりさせることができるロケになると思いますので、この番組がもし来年まで続いていたらぜひ次のM-1グランプリの決勝進出者にオファーして、第二回目を開催して欲しいですね。

(番組データ)

千鳥の相席食堂【M-1ファイナリスト集結!街ブラ-1GP初代王者が今夜決定】
2020/02/18 23:17 ~ 2020/02/19 00:17 (60分)ABCテレビ
【司会】千鳥(大悟・ノブ)
【旅人】インディアンス オズワルド からし蓮根 すゑひろがりず ニューヨーク ぺこぱ(あいうえお順)

(番組内容)

もうひとつのM-1グランプリ「街ブラー1グランプリ」開幕!先週に引き続きファイナリストたちが難攻不落の相席食堂ロケに挑む
▽審査員はロケの修羅・千鳥!初代王者は?
有名人が見知らぬ街で、地元民と突然、相席!
▽偶然の出会いから始まる相席を通じて、街の魅力や新たな自分を発見する新感覚旅バラエティ▽ガチ交流ロケにMC千鳥がツッコミまくる!
M-1ファイナリスト6組が相席食堂のロケに挑む、街ブラ-1GP開幕
▽勝てば名声!負ければ地獄!今週はオズワルド・からし蓮根・ニューヨークが登場
▽「ついにこの大会が爆発しました」審査員千鳥が太鼓判を押した超白熱の後半戦!初代王者に輝くのはいったい!?


とても民放らしい「ご先祖さま探し」

この番組は2回目の企画で、前回はお笑い芸人の宮川大輔さんが家系図上で日本の映画の祖である牧野省三氏につながり、それはわかる人にとってはすごい事なのですが、あくまでテレビ的にわかる人をということでなのか「津川雅彦さんと親戚」ということで大いに盛り上がりました。ただ、この番組の潔いところは、たとえ養子つながりで血縁が途絶えているような場合でも、つながりが面白ければどんどんその家系図を書き続けていってしまうところにあると思います。

同じように自分の先祖の事を調べる番組にはNHKの「ファミリーヒストリー」がありますが、あちらの方はNHKの綿密な取材力を使ってドキュメンタリータッチで仕上げているという感じなのですが、この番組は親族ご本人にわかっている家系図を書いてもらうところから始まり、思ってもいなかった人物と出演タレントがつながっているという事をメインに楽しむバラエティとしてうまく仕上がっています。

今回のメインはDAIGOさんで、少し詳しい人なら彼のおじいさんが元総理大臣の竹下登氏ということはわかっているので、そこからの親戚関係はだいたい予想できましたが、意外だった点が何点かありました。まずは、トヨタ自動車創業者と日産自動車創業者が親戚関係にあったということの中で、家系図に書かれていた「豊田佐吉」の文字が無視され、スタジオ内でも全く話題にされなかったことです(^^)。豊田佐吉の自動織機をはじめとした様々な発明が後のトヨタ自動車につながったという意味で、ネームバリュー的にもトヨタ自動車という名前を出すなら豊田佐吉とDAIGOさんが親戚だったという風に紹介した方が面白かったのではないかと思うのですが。

そして、この番組独特の面白さが出た点として、豊田佐吉から安田財閥にも親戚関係が家系図でつながっていく中で、DAIGOさんがロックシンガーである点から「小野洋子(オノ・ヨーコ)」という文字が出た時点で、自動的にその夫である「ジョン・レノン」とも親戚ということになってしまいました。当然、相当遠い親戚でありDAIGOさんとジョン・レノンには血縁関係はないので(^^;)、音楽的な才能がどうこうということは全くないのですが、ビートルズのメンバーが「親戚」という枠で一くくりになってしまうというのは、結構面白いと素直に思えます。

さらに、DAIGOさんの家系図を辿ると何と維新の英雄である西郷隆盛にたどり付き、西郷と親戚関係にあった岩倉具視の直系の子孫ということでスタジオに登場したのが加山雄三さんでした。加山さんのお母さんが岩倉具視のひ孫だということなのですが、これで加山雄三さんとDAIGOさんが遠い親戚で、さらに加えて加山さんとジョン・レノンも親戚関係になっているという事になってしまったのです(^^)。

加山雄三さんは、ザ・ビートルズが来日した時にメンバーに会うことができた数少ない人物の一人でした。ただこの件も番組では加山さんとビートルズが会った時にすき焼きを食べたという話を、単に親戚同士の会食と片付けてしまいましたが、当然その時点では加山さんとジョン・レノンは親戚では有りませんでした(^^;)。その点は見ている人もわかってはいると思うのですが、最初から親戚ということで加山さんとジョン・レノンは会ってはいません(^^;)。

当時の記録を見てみると、周辺の人々が加山さんを何とかビートルズに会わそうとお膳立てをしたそうなのですが、当初加山さん本人は気乗りがしなかったということです。でも何とかヒルトンホテルのビートルズ滞在中の部屋に出向き、一緒にすき焼きを食べるということになったのですが、食べ方のわからないメンバーに加山さんが食べ方を教え(若大将の映画ではすき焼き屋の息子という役をこなしていたから?)、行儀の悪い食べ方をしたジョン・レノンを叱ったという話もあります(^^)。まさか後に親戚になるとはこの時には思わなかったでしょうね。できればそんな話も加山さんに振ってもらえれば、ネットでは出てこなかったビートルズの裏話が加山さんから出てきたかも? と思うとちょっと見ていて残念でした。

で、この番組で一番笑ったのは、次に出てきた俳優の千葉雄大さんの家系図をたどっていく中で、何とまた維新の英雄である木戸孝允に行き付き、西郷隆盛・木戸孝允・岩倉具視(この3人には親戚関係がある)が並んだ写真が出た時点でまさかと思ったのですが、DAIGOさんの時に出て退席したはずの加山雄三さんが再びスペシャルゲストとしてスタジオに登場した時です(^^;)。つまり、DAIGOさん・加山雄三さん・千葉雄大さんは遠い親戚で、3人ともジョン・レノンの親戚だったということで、この時点でお腹いっぱいという感じでしたね。

後から出た壇蜜さんと武田真治さんはそこまでのインパクトが与えられずにかわいそうな気がしましたが、渡部建さんは同じ総理大臣でも決して国民から好かれたとは言い難い山県有朋氏と遠い親戚であることがわかり、これはこれで面白かったです。できれば渡部建さんの芸能界の立ち位置とからめていじってほしいという気もしましたが、これはテレビ上では突っ込むのは無理でしょう。今後もある意味無責任に、とんでもない人物とつながっていそうな芸能人を番組で発掘して紹介して欲しいと思います。これこそ民放のバラエティという感じだったので、次回があることを期待します。

(番組データ)

はじめまして!一番遠い親戚さん【DAIGOと千葉雄大が遠い親戚だと判明SP!】TBS
2020/02/11 19:00 ~ 2020/02/11 20:54 (114分)
【MC】相葉雅紀
【ゲスト】DAIGO・武田真治・壇蜜・千葉雄大・宮川大輔・渡部建(五十音順)
【SPゲスト】加山雄三
【プロデューサー】國谷茉莉
【演出】山森正志(イースト・エンタテインメント)

(番組内容)

芸能人の家系図バラエティー!
▽ DAIGOの親戚はまだまだスゴかった!西郷隆盛にアノ小説家…華麗すぎる偉人の連続に大パニック!
▽千葉雄大の親戚に「1964年東京五輪にまつわるスゴイ方」や「ピカソと交流を重ねた日本人」がいた!
▽DAIGOと千葉雄大が遠い親戚だと判明!2人を繋ぐまさかの人物が登場
▽渡部建が大興奮!「元首相」や「日本が誇る名女優N」との繋がりが!
▽武田真治の親戚&壇蜜の初恋親戚さんも!


演出され解答を強要するクイズ番組は「忖度」も?

日本テレビのこの時間の番組は、後番組の「沸騰ワード10」のスペシャルが食い込んだり、この番組のために沸騰ワードの方が潰されたりと、連続して見られないのですが、それでも一通り見て、昨年までは一定の流れというものがあると認識していました。

・番組ルールでは10問正解100万円獲得で終了も可だが、それをやった人はいない
・11問目の300万に挑戦した人は難しいランキング問題が答えられず賞金が払われない

ただ、この法則の2つ目については1月10日放送のスペシャルで「番組史上最強の挑戦者」という触れ込みの東大医学部に在籍しながら司法試験に合格したという河野玄斗氏が『子ども年鑑2019』からの出題「JR東日本で1日の平均乗車人数が多い駅トップ3は?」という難問に見事正解し、番組史上初めての300万円獲得となりました(答えは「1位新宿 2位池袋 3位東京」)。こんな問題はクイズ用の知識を持っていても最新のデータを常に見ていないと答えられないような問題で、毎回こんな現在の小学生の教科書に載っているようなデータの順位を11問目に答えさせるえげつなさは変わっていませんでした。

先週は「沸騰ワード10」のタケノコ王のコーナーが伸びて番組は休止になり、今回はスペシャルではない普通の長さの番組になったので、またクイズの方も通常運転に戻るのかなと思って見ていたら、最初に出てきたお笑いコンビのチョコレートプラネットは予想通りだめでした(^^;)。次に出てきたのが新生ジャニーズ事務所イチオシのグループ「Snow Man」から阿部亮平さんが登場し、彼の勉強できるキャラを前面に押し出す中で順調に解答に正解を連ねたところでちょっとしたクイズとは関係ない「演出」が見られたことで、これは「台本」のあるクイズ番組なのか? とちょっと疑ってしまいました。

というのも、回答者をサポートする小学5年生のグループの中の「えいと」くんが、たまたま「バイオリンの弓に使われる毛は何の動物?」という問題に自信満々に回答し、自分はバイオリンを習っていると自慢気に告白しました。普通のクイズ番組ならその話はここで終わりで、すぐにクイズを続けると思うのですが、なぜかえいとくん所有であろうバイオリンが用意されていて(^^;)、演奏を番組内で披露する時間稼ぎ(時間つなぎかも)が行なわれたのです。ちなみに、答えは馬の毛だったのですが、その答えがどうでも良くなるくらいにクイズ以外のところにスポットライトを当てるというのは、この番組のスタッフは何をしたいんだろう? という疑念を生じさせるには十分なところがありました。

そして、阿部さんはうまく小学5年生に回答をさせながら10問をクリアし、止めれば100万円を持ち帰ることができる権利を獲得しました。ここで日本中のテレビを見ている人の反応は、阿部さんはいくら上智大学大学院という学歴を持つジャニーズの頭脳とも言うべき才能はあるにしても、「番組史上最強の挑戦者」くらいの箔が付かないと(ちなみに過去には「東大王」も11問目で敗退しています)正解は難しいから、一緒にデビューするSnow Manの仲間たちと分かち合うためにも、11問目は辞退してくれというものだったと思います(^^;)。しかし、これも台本通りなのか300万円に挑戦する事になり、ああこれでまたスタッフは100万円を出さないで済むのか、まあスペシャルではないからお金は出さないよねと思っていたところ、さらに驚くべき事が起こったのでした。

私が今まで見てきたこの番組の300万円のかかった11問目は、必ず最新のデータを使ったランキング当て問題になっていて、しっかりと予習をしたとしても東大王が答えられなかったことからもわかるように、正解することは非常に困難です。バラエティ番組にこんな事を言うのは野暮かも知れませんが、つい先日の報道で、参加費150万円を支払ってゲームを勝ち抜いたホスト一人に2000万円のランボルギーニをプレゼントするという「欲望の塊」(東京MXテレビ)での賞品およびタレント・スタッフへのギャラ未払い問題が起きているということもあります。番組のルールにのっとって100万円を貰えるのに、ほとんど可能性のない問題を強制的に答えさせるような台本があったとしたら、この番組も大きな問題としてワイドショーのネタになるかも知れません。

ただ、こうした心配は逆の意味で杞憂だったことが明らかになります。というのも、なぜか阿部さんに出題された問題はこれまでの非常に難しい最新データのランキング問題ではなく、それこそ小学生のテストで回答できる知識で解けてしまう優しい問題だったからです。

その問題とは「星座の冬の大三角が含まれる星座の3つを答えよ」というもので、大してしっかり勉強してきていない私でも「おおいぬ座・こいぬ座・オリオン座」と簡単に答えられるものだったのです。

今回の問題の出し方は2020年になってスタッフが突然賞金を出すように方向転換したのか、それとも出演者に賞金を取らせようと「忖度」したのかは次回以降の11問目の出題傾向を見ないと何とも言えませんが、今回の300万円獲得は偶然ではなく、やはり何らかのスタッフの意向が働いたのではないかとつい疑ってしまうのは、私がひねくれているせいなのかも知れません。

とにかく、今回の放送では昨年の放送の流れからは全く考えられないような事が起こったことだけは確かです。300万円獲得者がスペシャルでない通常回でも出たことで、今後も出るかも? という期待は出来ましたが、また次から難しいランキング問題に終始したら、さらに疑念は高まってしまいます。できればそういう方向にこの番組が行かないで欲しいものですが。

(番組データ)

クイズ!あなたは小学5年生より賢いの?チョコプラとジャニーズ初勉強アイドル登場 日本テレビ
2020/01/24 19:00 ~ 2020/01/24 19:56 (56分)
【MC】劇団ひとり、佐藤隆太
【挑戦者】阿部亮平(Snow Man)、チョコレートプラネット
【解説】寺田心
【小学5年生】えいと、のん、みひろ、ゆうき、りょう

(番組内容)

クイズ初挑戦!チョコレートプラネットとジャニーズ最強の勉強キャラ・Snow Man阿部亮平が登場!間違えたら即終了!11問連続正解して目指せ!賞金300万円!クイズ初挑戦のチョコプラには小5「伝統芸能」から狂言に関する問題!果たして”そろり”長田の答えは…?さらに上智大学院卒、ジャニーズ初の勉強キャラ・阿部亮平の登場で300万円の期待度MAX!
阿部には小6「社会」からQ:日本で一番小さな国宝は?Aハンコ、B仏像、C種…間違えれば即刻終了!あなたは小5より賢いの?Q1億円を千円札にすると何枚?Qバイオリンの弓に使われる毛は何の動物?えいとの特技も初披露
関口 拓
えすと ランブルビー AXON


芸人より面白い素人がいる大阪ローカルの底力

大阪はお笑いの街と言われ、VTRで街を行く素人のインタビューを取ってその面白さをアピールする番組は「秘密のケンミンSHOW」をはじめ多くあるものの、そうした「街のご意見番」は芸人より面白いのか? という事について今回は考えさせる内容になりました。

私自身が関西出身ではないので、仲間うちのそれほど緊張感のない掛け合いを見ていてもそれほど面白さを感じないのですが、今回の明石家電視台は大阪という地域の面白さを余すことなく伝えてくれた素晴らしい構成になりました。

基本的に、明石家さんまさんがMCとなり、トークを行なう番組というのは、有名なところでは日本テレビの「踊る!さんま御殿!!」やフジテレビの「さんまのお笑い向上委員会」があります。前者における芸人の立ち位置はあくまでメインゲストの飾りという感じで、芸人の力量が試されるところがあります。逆に俳優やスポーツ選手、文化人というスタンスの出演者をいじってその面白さを引き出すところにこの番組の面白さがあり、出演する芸人はいかにMCであるさんまさんの意図を汲んで発言をするのかというところに難しさがあるでしょう。

そして、芸人にとってさらに過酷なのが「お笑い向上委員会」でしょう。かなりのトークがカットされる中で、頭の中に何も浮かばずに立ち往生してしまう芸人も多く、番組との相性が良くないと番組自体を敬遠する方もいるのではないかと思います。そんな中、番組後にはその内容についてネット上が炎上するほどの爪痕を残しつつも一般視聴者からほとんど支持されない(^^;)、爆笑問題の太田光さんの懲りない行動は、なかなか真似できないという意味ですごいなあと思うわけです。

ただ、多くの芸人にとっての理想は、その場を壊すことなくごくごく自然にさんまさんとのやり取りを行ない、ある時にはさんまさんが喋っている最中にも容赦なく合いの手を入れ、それなりに笑いを取るというような事だと思います。その普通の人ならほとんど不可能で、芸人さんであっても難しい事をやすやすとしていたのが、番組のネットデータでは名前さえも出ていない新世界のアニマル服専門店「なにわ小町」の名物店長で「声おっさん・顔べっぴん」を自称する高橋真由美さんの素人離れした面白さが半端ない今回の放送でした。

番組レギュラーの中川家・礼二さんもそのキャラクターに食いつき、恐らく近々収録される「お笑い向上委員会」では必ず高橋さんの「笑うてるのに声出てへん」モノマネが実践されるでしょう。そもそも考えると、こうした礼二さんのモノマネの面白さというのは、素人離れした面白さを持つ大阪で生活している素人さんを観察し、それを脚色なしに再現するだけでも面白くなってしまうところもあるのではないかとも思えてきました。少なくとも高橋さんは必死に爪痕を残そうとしたゆりやんレトリィバァさんよりも笑いを取っていましたし、同じ芸人としての土俵で争うことがないことだけが幸いだという感じもしました。

やはり毎日、新世界で丁々発止のやり取りをしているので、ご自身は「日常会話」の延長でしか語っていないにも関わらず、大阪とは縁もゆかりもない多くの人を笑わすことのできる能力が自然と備わってしまったのでしょう。高橋さんがすごいのは、芸人は一部テレビには適さないような言葉を発したりする素人の面白さを切り取って表現することが絶妙なのですが、高橋さんは素人でもきちんとテレビを見ている人にそこまでの不快感を与えずに場を面白く回しているバランス感覚の良さが絶妙なのでした。

最近の明石家電視台はトーク中心で様々な人達が出演されているので、その中から少しテレビの枠から飛び出るくらいの個性を持つ素人さんをスタッフが見付けてきてくれることもあるかも知れません。見逃し配信のTVerならネットされていない地方でも見られるので、現在のお笑いにちょっと不満を持っている方はちぇっくしてみるといいかも知れません。

(番組データ)

痛快!明石家電視台【大集合!計920kgぽっちゃり美人★ゆりやん珍恋愛】
2020/01/13 23:56 ~ 2020/01/14 00:53 (57分)MBS毎日放送
【レギュラー】明石家さんま 間寛平 村上ショージ 中川家(剛・礼二) 重盛さと美 アキナ(山名文和・秋山賢太)
【ゲスト】 安藤なつ ゆりやんレトリィバァ 五十嵐サキ ほか10人
【アシスタント】 辻沙穂里(MBSアナウンサー)

(番組内容)

新喜劇マドンナ1年でまさか30kg増量!?
▼「ぽっちゃりがゆえの身体の不思議がある」「譲れないこだわりがある」…から「股ずれ」「便器を割った」まで、赤裸々告白!!
「実際どうなん!?ぽっちゃり美人」と題し、メイプル超合金の安藤なつ、ゆりやんレトリィバァ、吉本新喜劇の五十嵐サキらお笑い芸人をはじめ、ぽっちゃりアイドルのびっくえんじぇる、歌手、主婦、販売店員ら70キロ~135キロの10人が登場!テーマに沿ってさまざまなエピソードを披露する。最年長は69歳で80キロの主婦!
●ぽっちゃり以前の写真も披露!「新喜劇のマドンナ」に「栃木の北川景子」!?ビフォーアフターにさんまもビックリ!!
●「ただ食べてるだけ」のユーチューブで「生活できるようになった」
●太っていると外国人からモテる!? …赤裸々な告白やエピソードが次々披露!ぽっちゃり美人10人がとっておきのトーク


結局2019年大河ドラマの「主役」は誰だったのか

ネットではかなりの否定的な意見が飛びかい、視聴率の数字も思うように上がらず、さらに複数の出演俳優の不祥事による急な内容変更など、不運も重なったことが記憶に残ったものになってしまった今回の大河ドラマでしたが、何とか最終回までたどり着きました。ネット上では好評価も見受けられるものの、改めて歴史物とは言っても現代に近い内容を扱うことの難しさを感じてしまった気がします。

基本的には今回のシナリオを書き、役者としても最終回に出演した宮藤官九郎氏の頭の中にあるイメージとストーリーの進め方について、「落語」パートについてついて行けなかったという声も挙がっていますが、通しで視聴させていただき、最後まで主人公がマラソンランナーの金栗四三なのか、1965年の東京オリンピックを招聘した田畑政治なのか、それとも「東京オリンピック」という大会そのものなのかイマイチわかりにくかったという事はあると思います。

前半では何の事やらわからなかった内容について、物語が進むにつれてその伏線を回収した時点で、脚本の妙というものもわかってニヤッとするところはあるものの、やはり語り手として物語を先導する「志ん生」とその弟子「五りん」にスポットを当てることになってしまったことは確かです。宮藤官九郎氏は落語が大好きだと言っているので、こうした構成というのに文句を言っても仕方ないのですが、大河の主題はオリンピックを中心にしたスポーツの歴史です。限られた時間の中であれもこれもということは難しいので、結果的にオリンピックに関係する様々なエピソードを紹介しそびれてしまう部分があったのではないかと考える人がいたとしても仕方ないでしょう。

個人的には、やはりこの大河ドラマは2020年東京オリンピックがあってこそのものだと思うので、日本のスポーツの黎明期から今日までの先人の苦労とその栄光をもっと紹介して欲しかったです。マラソンでは当時日本から出場して金と銅メダルを取った孫基禎・南昇龍選手の扱いは大きくありませんでしたし、ロサンゼルスオリンピック馬術競技金メダルの西竹一選手はその存在すら出てきませんでした。ロサンゼルスオリンピックでは他にも、メダルには届きませんでしたが男子100メートルで決勝に進出した吉岡隆徳選手の最速への挑戦という、現在の日本選手にもつながる話もできたのではなかったとか。

最終回は1964年東京オリンピック開幕からの記録映像とセットで進行していったので、そのハイライトとして続々と出てくると思っていた東京オリンピックの競技の内容についても放送時間を伸ばした割にはバラエティに豊んではいなかったのも残念でした。過去の回で本人役をドラマに登場させ、ある程度の伏線を出していたマラソンの円谷幸吉選手と女子バレーボールの紹介がほとんどで、残りはやはりと思える落語パートに終始していました。通しでドラマを見てきた人にとってはマラソンはともかく、あれだけ中盤で紹介した「水泳日本」の東京オリンピックはどんな結果だったのかについては全く触れられなかったのは成績が低調だったとは言え、メダル至上主義にも程があるとつい思ってしまいました(ちなみに日本水泳チームは銅メダルをリレーで取っています)。

そして、番組スタートから出てきたキーパーソンの一人である嘉納治五郎が世界に広めた武道であり、東京オリンピックで種目採用された柔道についても、ドラマ内の東京オリンピックの中では全く出てこなかったのは何故でしょう? 無差別級で日本の神永選手が金メダルを取れなかったからという単純な事ではないにしろ、出した方が柔道が世界のスポーツとして認知されたという評価もある試合だったので、神永対ヘーシンクの試合ぐらいは嘉納治五郎の志が花開いた一つのエピソードとして出すのに意味があったのではないかと思えます。

そんな中、個人的に評価したいのはいつの世にもオリンピックを利用してお金もうけをしたり、政治的な駆け引きの道具としてオリンピックを使おうとする輩がうごめいているということを、過去の話の中ではあってもしっかり描いてくれたことです。大会が始まって盛り上がればそれでいいということだけではなく、2020年の大会前の今だからこそオリンピックを利用しようとする悪い奴らの存在についても考えて、冷静に次の東京オリンピックの評価を多くの人にしてほしいものだと思います。

(番組データ)

いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~(47)「時間よ止まれ」NHK総合
2019/12/15 20:00 ~ 2019/12/15 21:00 (60分)
【出演】阿部サダヲ,中村勘九郎,綾瀬はるか,松坂桃李,麻生久美子,安藤サクラ,斎藤工,林遣都,三浦貴大,大東駿介,角田晃広,黒田大輔,平原テツ,須藤蓮,川島海荷,吉川愛,森山未來,神木隆之介ほか
【作】宮藤官九郎

(番組内容)

1964年10月10日。念願の東京五輪開会式当日。田畑(阿部サダヲ)は国立競技場のスタンドに一人、感慨無量で立っていた。そこへ足袋を履いた金栗(中村勘九郎)が現れ、聖火リレーへの未練をにじませる。最終走者の坂井(井之脇海)はプレッシャーの大きさに耐え兼ねていた。ゲートが開き、日本のオリンピックの歩みを支えた懐かしい面々が集まってくる。そのころ志ん生(ビートたけし)は高座で「富久」を熱演していたー


録画放送が当り前のゴルフ中継でも不満が出るところ

様々なスポーツが日本でテレビ放送されていますが、ゴルフほど生中継が難しいスポーツも他にないと思います。ラウンドを全員が一緒に行なえないので、中断するにしても各々の選手が違うホールで止まってしまうのでスコア比較をしたとしても必ずしも順位通りのスコアで終わることはないと思いますし、いわゆる「テレビで見せたい選手」のプレーが早く終わってしまった場合、たとえ生放送で中継されている試合だとしてもその内容が録画放送と変わらないということにもなりかねません。

今回のリコーカップ2019は国内の女子プロゴルフツアーの最終戦で、その結果によってその年の賞金女王が決まるということで、前日から注目されていたので、たまたまその時間にテレビを付けてしばらく見ていたものの、ふと何の気なしにスマホで調べものをしようとポータルサイトを開いた時、すでに試合は終了しており賞金女王が誰になったかという結果が見えてしまいました(^^;)。私自身はそこまでゴルフ一筋というような熱烈なファンではないこともあって、早々とテレビ中継からは離脱してしまいました。

ちなみに、日本テレビの直前の番組は「1億人の大質問!?笑ってコラえて!傑作選」という過去の放送の再放送を含めた総集編で、編成の決断があればもう少し早くからゴルフを生中継で流すという選択肢もあったと思います。日本のメジャー大会についてはNHKが生中継を行なうためネットに先に結果がのるということはないのですが、民放のゴルフ生中継というのは海外のメジャートーナメント以外はほとんどなく、あくまでコアなゴルフファン向けの中継になっている現状があります。生の緊張感があればこそ、それまでほとんど試合を見たこともなかったラグビーのワールドカップが盛り上がったということもあったと思うので(過去のバスケットボール世界選手権との違いはそこでしょう)、最終戦の盛り上がりを考えての英断はあっても良かったのではないかと思うのですが。

現在、日本の男子ゴルフはスター不在とスポンサーの撤退により女子と比べると厳しい状況があるという事ですが、今元気のいい女子ゴルフだとは言っても、今回のように途中で結果がわかってしまって興ざめということが続き、さらに有望な選手が拠点を海外に移すことが起きてくればすぐに男子と同じような事が起こるでしょう。さらに女子ゴルフについてはアメリカに行かないであえて日本ツアーに参加する多くの韓国人選手の存在が盛り上がりの一つになっていますが、今後の日本と韓国との関係によってはどうなるかわからないところもあります。そう考えるとまずはエキサイティングな瞬間を何とかテレビで伝えられるように、一応の放送時間は決めていてもその前か後にはサブチャンネルで生放送を行なうとかの方法もあるでしょう。

せめて多くの人が関心がある試合ではどの局に中継が割りふられてもそうした放送を行なうようにするとか、そういう事も考えていかないと、今回の私のように中継放送が録画だとわかったとたん見るのを中断し、別の局に変えてしまう視聴者が増えるでしょうし、その結果が具体的に視聴率という数字で示されたらスポンサーも撤退していくでしょう。そうなると、それでもあえて録画中継を見る人というのはコアなファンだけになりゴルフをテレビで見る人自体が減っていき、プロスポーツとしての存続にも影響が出る可能性もあるのではないでしょうか。そうなれば有望な新人は国内より国外に活動の場を求め、ますますテレビでの中継が難しくなります。

たまたまゴルフからチャンネルを変えた先でやっていたのは民放のBSをまたいで笑福亭鶴瓶さんとTBSアナウンサーの安住紳一郎さんがぶっ通しで中継する一連の「放送局漫遊記」を見てしまったのですが、スポーツ中継でもこうしたリレー中継が実現するようなら人々は地上波よりBSという選択をもっとしていくのではとも思えます。ちょっと話は飛んでしまいましたが、このままではネット動画のLIVE配信がさらに普及すれば、もはやテレビでなくパソコンにモニターを接続した状況で多くのネット動画やネット放送局の番組を見る状況になることも考えられる中、まずは注目の素材を地上波で扱うなら、いかに多くの人が見てくれるように流すかということを考えていただきたいと強く思うのです。

(番組データ)

LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ2019 最終日 日本テレビ
2019/12/01 15:00 ~ 2019/12/01 16:25 (85分)
【解説】 塩谷育代
【ゲスト解説】 服部道子(2020東京五輪女子代表コーチ)
【ラウンド解説】 平瀬真由美 古閑美保
【実況】 中野謙吾

(番組内容)

令和初の賞金女王争いは3人に絞られた。 全英女子OP優勝・スマイルシンデレラ 渋野日向子。 17年賞金女王・今季7勝 鈴木愛。 元世界ランキング1位 シンジエ。 今年の女子ツアーを牽引した3人が、最終戦メジャーで相対する。 鈴木愛=史上7人目の日本人複数回賞金女王なるか。 シンジエ=史上初の日米韓賞金女王なるか。 渋野日向子=史上最年少賞金女王なるか。 歴史的な瞬間が、まもなく訪れる。


NHK「のど自慢」のダメな点と生放送の活かし方

今回の放送では3人の激レアさんを紹介したかなりボリューム満点の構成になっていましたが、今回ピックアップしたいのは2番目にちょこっと出てきた「コウちゃん(ネットでは「養老の星☆幸ちゃん」の表記もあり)」についての話題の中でのことです。

ご存知の通り、NHKのテレビとラジオで日曜のお昼に放送されている「のど自慢」は、日本の国民的な番組で、出演する人だけでなく単に見る人だけでも毎週楽しみにしている方も多いと思います。「コウちゃん」は岐阜県養老町での公開放送に20人中の18番目に出演し、シャ乱Qの「いいわけ」を熱唱したのですが、時間にして30秒あまりで鐘2つの失格となりました。

普通は、どんな個性的なキャラクターが出たとしても話題になるのは放送直後のみでそこまで影響が長続きすることはないのですが、番組によると様々な要因が重なって「のど自慢」の中にとどまらず他局の番組にもオファーがかかり、さらには楽曲を歌っているシャ乱Qとの関係もできるなど人生が一変したとあります。

その話を当時のど自慢の司会だった現在はNHKを退社しフリーアナウンサーになっている宮本隆治さんが話をしていたのですが、たまたま放送日に放送開始前にニュースが入って10分遅れのスタートになり、さらに生放送であったことからコウちゃんの出番になった最後から3番目の18番の出演者をいじる時間がなかった(歌い方に大変な特徴があるので(^^;))ことがその後のブレイクにつながったという考察がされていました。

私自身はのど自慢の本放送は見ていなかったのですが、その放送を見てどうしても「コウちゃん」の素性を知り、フルコーラスでの「いいわけ」が聞きたいという依頼を「探偵ナイトスクープ(朝日放送)」に出したのはしっかり見て、その面白さに大笑いした記憶があります。当時の探偵ナイトスクープでも放送のVTRを見直し、野球で頑張っているということと、会場に来た応援団が「養老の星☆幸ちゃん」という横断幕を掲げていることが画面に映ったことを頼りに本人にたどり着いたわけですが、その後「探偵ナイトスクープ」を見たであろうフジテレビの「めちゃイケ」で取り上げられたことで、本家のNHKでも特別枠での再出演がかなうことになったということで、「ほぼ一分で人生が変わった人」ということでの出演になったのでしょう。

ここで改めて思うのは、NHKのど自慢スタッフの、テレビでもっと注目を浴びてもいい人をことごとく取り上げない「伝統」と言うべきものでしょう。ウィキペディアの「のど自慢」の項目には、のど自慢に出場してからスターとなった歌手の一覧が紹介されていますが、古くは美空ひばりに始まるスターをNHK独自の基準で合格させない(^^;)という仕打ちの歴史が明らかになっています。

逆に言うと、それだけ価値判断に疑問の余地が残るNHKののど自慢であっても、放送局側で編集によるカットができない中でどうしても出てしまうところが注目されてしまう「生放送の特徴」によるものが大きく、今後のテレビを考える上でしっかりと台本があって内容を作り込むものがある中で、その中で何が起こりどんな人が目立つかわからないという生放送での先鋭的な番組作りが増えてもいいのではないかと思えるところがあります。

そういう事について、たまたまその前日の同じテレビ朝日「マツコ有吉のかりそめ天国」の中でテレビの生放送について話していた事について、番組MCのお二人が例として出していたのが番組EXテレビOsaka「低俗の限界」(MC・上岡龍太郎&島田紳助 ゲスト・竹中労(2回目の放送時で前回の放送の抗議がすごかったためこの時は収録放送))でした。お二人の知識とテレビへの考え方について、具体的にすごいと思えたのは、このEXテレビの先鋭的な取り組みをきちんと評価し、まだインターネットも普及していない中でどんなに面白い番組を作ってもそれが作ったそばから消えていく宿命を帯びていた中、きちんと自分たちの先導者としてしっかり仕事をしていた人たちを評価しているという姿勢が見えたからです。

ちなみに「低俗の限界」という番組は、テレビでどこまで低俗的なものが許されるかという事を真面目に論議しているものの、MCおよびゲストが座っている頭をまたぐような形で一糸まとわぬ状態で股を開いた若い女性が座っているというものでした。生放送なのでちょっとでも出演者やカメラの位置がずれれば放送事故になってしまう中、よくこの企画を立ち上げ、さらに出演者もよくこの番組に出たものだと思いますが、現代はどうでしょう。

テレビ局の働き方改革が言われる中、テレビの現場に関わる業務を軽減するためには生放送を増やすことで少なくとも収録は時間内で終わるわけで、その中で面白い番組を作り、さらにはハプニングが起きたとしてもそこから新たな面白さを見出したり、新しいスターを発掘するのもテレビに関わる人の使命ではないかと思うのですが、来年にはそんな先鋭的な志を持った番組の出現を期待したいですね。

(番組データ)

激レアさんを連れてきた。テレビ朝日
2019/11/30 21:54 ~ 2019/11/30 23:10 (76分)
【研究員】若林正恭(オードリー)
【研究助手】弘中綾香(テレビ朝日アナウンサー)
【客員研究員】高橋克実、広瀬アリス ※50音順

(番組内容)

『ママチャリで娘を幼稚園に毎日送り迎えしていたら驚くほど脚力がつき、史上最年長の50歳でプロ競輪選手になっちゃった人』ほか今夜は豪華3本立て!
豪華3本立て激レアさん…
◆ママチャリで娘を幼稚園に毎日送り迎えしていたら驚くほど脚力がつき、史上最年長の50歳でプロ競輪選手になっちゃった人
◆『のど自慢』で、衝撃的なシャ乱Qの『いいわけ』を披露したら、人生が180度変わっちゃった人
◆宝くじが2億円当せんしたものの、それを誰にも言わずひたすら食べることだけで5年で使い切った人


計算された「ヘンなもの」を見抜けなかった?「ナニコレ珍百景」

今回紹介する2019年11月3日に放送された「ナニコレ珍百景」において、個人的な感想ではありますが、珍百景でも何でもないと思った投稿が珍百景として認定されました。この番組は過去にも書きましたが、街の中で埋もれた生活の面白さをあぶり出すものとして、極めて学術的であるという風に思っていたのですが、それもきちんとしたものを放送しないと、極めて悪質で不確かな情報の無責任な発信にもつながりかねません。ここでは、なぜ私が「珍百景でも何でもない」と思ったのかということをしっかりと説明させていただこうかと思います。

まず、番組を見ていない人のために、何の投稿について書いているかということを明らかにするため、テレビ朝日の放送内容の個別紹介のページから、今回話題にしたい一件についての説明を紹介します(一部、デリケートな部分についてはこちらの判断で伏せ字にしています)

(引用ここから)

■入りづらいセクシーなパン屋さん(埼玉県さいたま市北区)
★珍百景登録★
投稿:T.R.さん
ピンク色の外観に「○○」「△△」(注・この部分だけでも店舗を特定する材料になり有るので伏せ字化させていただきました)などセクシーなことばが書かれた、店頭販売のみの高級食パン専門店「○○○○○」(注・この部分には実際の店舗名が書かれていました)。
販売しているのはプレーンな食パン「△△」と、1日限定20個のレーズン食パン「□□」の2種類。(注・同様に商品名についても伏せ字にしました)
少しでもお店に興味を持ってもらえるようにパン屋さんらしくない店構えにしたそう。

(引用ここまで)

この文章を書いている2019年の時点ではいわゆる「高級食パン」がブームであり、テレビ東京系で放送されている「ガイアの夜明け」の2019年5月7日放送分でも「膨らむ!”食パン”戦国時代」と題して、全国で増殖する食パン専門店の裏側を取材していました。そこで出てきたのが、全国で素人でもノウハウを覚えれば開業して人気店になることも夢ではないと、素人も参入する様々な食パン専門店をプロデュースする「ジャパン ベーカリー マーケティング(JBM)」の岸本拓也社長という方です。

この方のプロデュースするお店は奇抜な外装と紙袋の装飾、そして思わず二度見してしまうような店名で人をひきつけ、高級食パンのみを持ち帰り用のみで売るというところで共通しています。私が住んでいる地域にも岸本氏がプロデュースしたお店があり、連日行列ができているそうですが、今回「ナニコレ珍百景」で紹介されたお店も岸本氏がプロデュースしたお店なのでは? と思って調べてみたらまさにそうで、2019年10月にオープンした、番組放送時の氏のプロデュースしたお店としては一番新しいお店ではないか(「ジャパン ベーカリー マーケティング(JBM)」のホームページの一番新しい開店情報としてお店の名前が紹介されていたことから)と思えました。

個人的には停滞した地域経済を活性化するため、こうしたお店が全国でオープンすることに不快感をもらすなんて想いは全くなく、おいしい食パンとしていただけるならいい事だと思っていますが、それはあくまで口コミやSNSでの反響を意図してプロデュースされた仕組みの中での「ヘンな店名」であり、そこがプロデュースする際の肝になっています。その点においては他の岸本氏のプロデュースした全国にあまたあるお店と何ら違うことはなく、なぜこのお店だけがテレビに出て「珍百景に登録」されなければならないのか、理解に苦しみます。

ここで、改めて引用されたネット情報に注目してみると、この情報を番組に投稿したのはT.R.さんという匿名の人物で、果たしてこの人がお店の関係者であるのかないのかは視聴者レベルではわからず、番組内は岸本氏の存在も明らかにしなかったため、テレビ局もグルになってお店の宣伝をしたのではないか? という疑念が生まれたというわけです。

もしこの番組が「ナニコレ珍百景」でなく、かの上岡龍太郎氏が出演していた当時の「探偵ナイトスクープ」だったらどうなっていたでしょうか。上岡氏はきちんとスタッフや担当の探偵に厳しい発言をしたはずです。少なくとも「ナニコレ?」と思ったものについてその理由も紹介するのが「ナニコレ珍百景」という番組の命だと思うのですが、このネタに限ってはそうした調査をした感じは画面から感じることはできず、そこにテレビ局と業者との癒着があったのではないのかなどという、実際にはそうした事が行なわれていなかったとしても、ある種の「疑惑」が生まれてしまうのです。

というか、私自身も今回の事例がテレビで出る中で、岸本氏のプロデュースしたお店ではないかと思ったのは単に「ガイアの夜明け」で見たことがあったからという理由だけで、特別に勉強したわけでも何でもありません。同様にこの事を知っていて今回のVTRを作ったスタッフがいたのか? という事については、テレビ製作を生業にしている人がこうした事実を知らないでいたことはないと考える方が普通だろうと思うのですが、私の考え方がおかしいのでしょうか。

話はポンポン飛んで申し訳ないのですが、こんな時代だからこそ、「探偵ナイトスクープ」の局長にダウンタウンの松本人志さんが就任されるというニュースを聞き、少なくとも、局長に就任後、なあなあの姿勢でいい加減なVTRを作ったスタッフと出演者に対しては、それこそかつての上岡龍太郎局長のように、ビシッとした一言を決めて視聴者に納得させて欲しいと期待します。それが今回のような適当な番組作りをしている人にも響いてくるのではないかと思うからです。

(番組データ)

ナニコレ珍百景 近所の人が風呂に入りにくる家&怪獣が鳴き叫ぶ住宅街SP テレビ朝日
2019/11/03 18:30 ~ 2019/11/03 19:58 (88分)
【MC】名倉潤・堀内健(ネプチューン)
【珍定委員長】原田泰造(ネプチューン)
【進行】森葉子(テレビ朝日アナウンサー)
【珍定ゲスト】ビビる大木・川島海荷
【ナレーター】奥田民義・広居バン

(番組内容)

★長崎・雲仙…130年前から他人が風呂に入りにくる民家
▼名古屋…小さな象が踊るように歩く商店街
▼岐阜・瑞穂…超巨大スーパー
▼神奈川・川崎…夕方になると怪獣が鳴き叫ぶ住宅街
▼さいたま市…ピンクの外装&セクシー看板…入りづらいエッチな○○店に大行列
▼長野・大町…ラブレターを売る自動販売機
▼青森・十和田…個人特定の交通安全看板「中野渡さんスピード落として」の謎
▼名古屋…住宅街の家具店に売値35億円の置物の謎
▼岐阜・美濃加茂…道端に「タバコ」と書かれた謎の石碑【家族じまん珍百景】カワイイ動物&おもしろ家族が大集合
★広島・大竹…散歩中に決まった場所で高速回転する犬
▼三重・津…犬の足に現れるタモリさん?
▼兵庫・明石…お医者さんもビックリ!カエルの顔の動きを忠実にマネする25歳の美人姉vs川島海荷も挑戦
▼三重・松阪…20年前から建物の屋上にずっといる黒ネコ?その正体は?
▼名古屋…木の精?人の顔に見える木を発見


東京オリンピックを外で見るためには事前対策が必要か

日本で開催された世界的なイベントの準決勝となれば、開催国の日本が出場しなくても大きな注目を浴びる試合であることに違いありません。試合の方は世界ランキング一位で今回の大会で三連覇を狙うニュージーランドに対する同世界二位のイングランドの気迫が上回ったという感じで、イングランドの快勝という結果になり大いに盛り上がったと思うのですが、事前に予定されていたデータに基づいた番組データのところを見ると、なぜだと問い掛けたい点が出てきます。

この試合の開始時間は17時で、前後半40分にハーフタイム10分という形で試合が行なわれます。試合途中にはビデオ判定をする場合や怪我をした選手が出た場合は審判が試合を止めますが、もし17時ちょうどに試合が始まった場合、18時44分までというタイムテーブルではロスタイムが全くなくても14分しか余裕がないことになって、試合終了までしっかり中継できなくなってしまうとも思われます。これでは、急遽BS1から地上波へと放送チャンネルを変更したということは評価できても、クレームの嵐がやってくる可能性も出てきます。

ただ、その点についてNHKでは対策を講じていて、総合チャンネルの18時44分からはサブチャンネルに中継を移行して19時まで放送しそこから定時のニュースにつなげるという方法で完全中継を実現しています。が、その画質はというとデジタルとは言え本放送の隙間を使うこともあっておせじにも綺麗とは言えません。この手法はメジャーリーグの延長放送ではおなじみの方法ですが、普段サブチャンネルを意識して見ることがない人にとっては自分でリモコン操作をしなければならないので、うまくチャンネルを変えられなかった方もいたのではないかとちょっと心配になります。

そして、今回のような世界的な大スポーツイベントの場合、自宅のテレビで見ないで外出先のスマホで見ていた人もいるかも知れません。試合時間も17時からということもあり、試合の様子をワンセグで見ていた人がいたとしたら、これはもう悲劇でしかありませんでした。

というのも、サブチャンネルが利用できるのはフルセグチューナーを搭載した機器だけで、家庭のテレビはフルセグ対応であるものの、スマホの中にはあえてフルセグチューナーを搭載せずワンセグチューナーしか付いていないスマホやガラケーでは、試合途中で中継が終了ということになってしまったということになります。

こうした国際的なスポーツイベントのクライマックスの試合で途中でフルセグ視聴前提のサブチャンネル放送を行なうということは、恐らく2020年の東京オリンピック中継でも同じことを行なおうと思っていると考えなければならないでしょう。ラグビーの試合は延長戦もなく、ある程度余裕を持った中継時間を確保すれば、長時間の中断のようなイレギュラーな事態が起こらなければ、まず問題なく試合をメインチャンネルだけで完全中継できると思います。東京オリンピックの種目にはそうはいかないものも多いため、たとえ日本選手が出場してメダルが決まるような試合であっても肝心なクライマックスをサブチャンネルに移動されて画質の悪さに幻滅したり、ワンセグしか写らない端末で中継が中断されて泣くに泣けないような状況というのも大いに考えられます。

それとも、ネットを通じてライブ配信を積極的に行なってくれるのかという考えがあるのかとも思えます。データ通信の場合、ご利用の通信会社との契約によっては動画を気軽に見られないこともありますが、それでも一定の安定した速度が出たらチューナーが付いていないiPhoneでもスポーツ中継を楽しめるので、このような中継手法をNHKが東京オリンピックでも行なうなら、一部のユーザーはさらにテレビから離れるきっかけを作ってしまう可能性すらあると思っています。

さらに、もし今回の試合に日本が出ていた場合、NHKは今回と同じように試合終盤になってサブチャンネルでのリレー中継を決断したか? という疑問もあります。日本戦の途中でサブチャンネルを見られなかった人が多数出たら、それ自体はNHKの失態ではないにしても、何らかの批判の声は高まることが考えられます。そうなると、それを回避するためにサブチャンネルに移行しないで放送し続けたかも知れません。しかし、東京オリンピックでは日本選手の出場する注目に値する試合が多くある中で、オリンピックもニュースも伝えたいということになると、どうしてもサブチャンネルを活用しなければならないことは必ずあるでしょう。

ユーザー側の対策としては、TVチューナー付きのスマホを購入する際にはワンセグ・フルセグの有無を確認して、できればフルセグチューナー付きの製品を選ぶとか、ネット配信で見られると思っている方は、改めて今のスマホのデータプランを動画がストレスなく長時間見られるものに変更するとか、いざ外で見ていたら肝心のメダルの瞬間を見られなくなる恐れを消すための工夫が必要になるでしょう。

(番組データ)

ラグビーワールドカップ2019 準決勝「イングランド」対「ニュージーランド」NHK総合
2019/10/26 (土) 16:40 ~ 18:44 (124分)
【解説】廣瀬俊朗,
【アナウンサー】伊藤慶太,
【スタジオ解説】五郎丸歩,
【スタジオアナウンサー】酒匂飛翔,中川安奈

(番組内容)

エディーHC率いるイングランド対3連覇を目指す王者ニュージーランドの戦い▽意地とプライドを賭けた激闘に注目!▽ゲスト五郎丸歩
(試合開始 17:00)
【解説】廣瀬俊朗,
【アナウンサー】伊藤慶太,
【スタジオ解説】五郎丸歩,
【スタジオアナウンサー】酒匂飛翔,中川安奈
~横浜国際総合競技場から中継~
<中断>ハーフタイムに [字]ニュース(約3分)
[6:44-(7:00)総合2で放送継続]


早速「シルシルミシル」化した「かりそめ天国」

もはやこのタイトルだけで説明不要かと思いますが、市販のパスタソースのベスト10を決める企画というのは本当に金曜夜8時からの視聴者層に合わせたプログラムで、いったいランキングインしたパスタソースを出している企業からテレビ局はいくらもらっているの? なんてことも疑ってかからなければならない番組に成り果てたという感じがしますね。

深夜の時には実際に出店している食事のできるお店のランキングを作り、その中に完全に取材NGで店名すら出ないところもあり、その点は嘘がないランキングでしたが、手法は同じでもその本気度を疑うような内容に変わり果ててしまいました。

このままだと同じマツコさんが出演する「マツコの知らない世界」のように、スーパーや各種小売店の棚に「かりそめ天国で紹介!!」なんて風にポップが付いて販売促進の材料にされることになります。こういう手法というのは本当に危ない傾向で、もし事前に特定の企業に忖度して順位を決めていて、MCの2人がその製品を台本上で褒めなければならないというような噂が出たとしたら、番組は「発掘あるある大辞典」のような運命をたどる可能性も考えられます。

もしかしたら番組MCのお二人も、ゴールデン昇格の話があった時点から今回のような番組の構成になることを予想し、いいペースで自分の出演する番組を絞っていこうかと思って、こうした状況になっていることをわかってカメラの前で踊っているのかも知れませんが、このままこんなネオ企業宣伝番組になるなら、やはり「ゴールデン昇格は番組の墓場」という流れにこの番組も乗ってしまうのかと思ってしまいますね。

それにしても、表題にした「シルシルミシル」がゴールデンに昇格したのに合わせて放送時間を移動したのがこの番組の前番組である「マツコ&有吉の怒り新党」だったそうで、テレビ朝日はなぜまた同じ事を繰り返すのかという感じがあります。現在の水曜の報道ステーションの後番組は「家事ヤロウ!!!」(バカリズム・中丸雄一・カズレーザー出演のバラエティ)ですが、この番組も人気が出てきてゴールデンに昇格すれば今の内容よりもいかに家事に関連するグッズをランキング化してその商品を売らんがための番組に変わっていくだろうなんて思うと、もはや深夜番組の時点にも関わらず、今後の展開を期待して見られなくなってしまいます。

民放は企業からのコマーシャルがなければやっていけないのは重々承知ですが、新聞でさえ広告のページには「全面広告」という文字が載って通常の紙面とは区別しているのに、シルシルミシルにしろかりそめ天国にしろ、バラエティと広告の境目がわからなくなるような番組の作り方にするなら、いっそのこと「全部広告」の内容でMCの二人から褒め殺しされるような番組にした方が、バカバカしくて笑えるのではないかと本気で思います。

そういう意味では、深夜や午前中枠のテレビショッピングをいかに面白く作るかということを考えておられる番組制作者の方に私はこれからのテレビの可能性を感じます。こういった番組の変化を見てテレビそのものに愛想をつかす人が出てきたとしたら、それはこうした番組を作る決断をしたテレビ局が自分で自分の首を締めていると言っても過言ではありません。このままでいいのか? という根本的な問い掛けを改めてこの番組には申し上げたいです。

(番組データ)

マツコ&有吉 かりそめ天国 テレビ朝日
10/25 (金) 20:00 ~ 21:00 (60分)
【MC】マツコ・デラックス、有吉弘行
【進行】久保田直子(テレビ朝日アナウンサー)
【VTR出演】岡部大(ハナコ)、後藤拓実(四千頭身)

(番組内容)

◇マツコ、スマホのキャッシュレス決済に苦悩!
◇「ガチガチランキング」はいま絶対食べるべきパスタソース編! 約1000種のパスタソースからベスト10が決定!

「子供の習い事、何がベスト?」 マツコ有吉、親主導の習い事に苦言…教育論を語る! 「クーポンやポイントカード、使うのがちょっとはずかしい…」 マツコ、スマホのキャッシュレス決済に苦悩! VTRは「ガチガチランキング いま絶対食べるべきパスタソース編」 マツコ有吉も絶賛! 約1000種の中から、有識者が癒着・忖度なし、ガチで選んだパスタソースベスト10が今夜決定!

視聴者から寄せられた『お悩みメール』や『お怒りメール』、視聴者の皆さんの「こんなことやってみたい、見てみたい!」という“欲望”を叶えるVTRをもとに、マツコ・デラックスと有吉弘行が好き勝手にトークするバラエティ番組!進行は久保田直子アナウンサー。