0515その他バラエティ」カテゴリーアーカイブ

「スポーツ大将」は権威に文句も言えないから打ち切られるのか?

先日、ネットニュースを見たら「スポーツバラエティの難しさ」という事をテーマにして「ビートたけしのスポーツ大将」が2018年9月いっぱいで打ち切られることが決定したという内容でした。

前回にはちょっと心配しながら、2020年まで続くのかどうかということがありましたが、まさか1年も持たずに終了するとは思いませんでした。ただ、スペシャルで時間を伸ばすのはいいとしても、毎週放送せずに休止が多いというのはいただけません。同じようになかなか進まないTwellVの「チャリお遍路」でさえ、進まない時には再放送で凌いでいるのに、野球中継以外の事で簡単に別番組に振り替えるというのは、やはり本気でスポーツバラエティを作る気がないと思われても仕方のないところがあったのではないかと疑ってみたくもなるものです。

今回のスペシャルはその「チャリお遍路」の最新回を見た後に残りの部分だけ見たのですが、番組の最後にとんでもない「忖度」を見てしまったのです。さらに、その事について番組出演者は一切異論を出しませんでした。

どういう事かというと、元プロ野球選手で長嶋茂雄氏が読売巨人軍監督時代に活躍したピッチャーである西本聖氏が出て来て選手時代の想い出話をしたのですが、その内容について、広島カープとの対戦で投げていた西本氏は、味方が大量リードをしているにも関わらず、1イニングに3つも死球を当ててしまい、最後には引き分けに持ち込まれてしまったのですが、試合終了後にスタッフから角盈男さんとともに監督室に呼び出され、そこで何と20発ものビンタを受けたというのです。

この内容を時間が経ってから読まれる方のために、番組が放送されている少し前に起こった事について書いておきます。スポーツとパワハラ、体罰など多くの事がからんで問題になった女子体操選手とそのコーチの暴力について朝や昼のワイドショーで紹介される中で、あるテレビ局がコーチが本気で一発ビンタをその選手にしている姿(関係者による盗撮とおぼしき動画)を流し、番組の司会者やコメンテーターが「暴力を伴う指導は絶対にダメ」ということをテレビを通じて言っている内容を何度も放送しているということがあったばかりなのに、いくら昔の話とは言え、いくら長嶋茂雄氏からビンタを受けた側の西本さんがその暴力について問題にしていないからと言って、例えば「今ではそんなことをやってはダメでしょ」くらいのツッコミも入らなかったのには驚きました。

テレビ朝日は長嶋茂雄さんの息子の長嶋一茂氏を「モーニングショー」金曜レギュラーコメンテーターとして起用し、過去には娘の長島三奈氏を同社の記者としてスポーツ取材にあたらせていましたが(長島三奈氏は現在フリーで活躍しています)、そういう事も関係があるのか? と疑った人がいたとしてもしょうがないくらいの内容です。

今回のゲストの中には西本聖氏の他に読売巨人軍の元選手としては定岡正二氏と元木大介氏がいましたが、長嶋茂雄監督は怒ると怖いという話に相槌を打つばかりでした。そうした理屈が通るなら、過去にひどいビンタをした体操コーチの所業については長嶋茂雄氏と同じように問題にならないのか? と思ってしまいます。

どうもこの辺が私自身はテレビのいいかげんなところではないかと思っていて、いやしくもスポーツバラエティを名乗るなら、今のスポーツをとりまく話題についてはキチンと抑えつつ、現代の社会の中でこうしたスポーツ選手と監督・コーチとの関係についてもしっかりとした指針を持ってコメントでもテロップでも入れていくようにしないと、改めてスポーツ指導における体罰(暴力)肯定派が力を持ってくることにもつながりかねません。バラエティと言えども単に面白ければいいのではなく、ナーバスな問題については十分に考えた上で作った方がいいのではないかと単純に思ってしまうのです。

今回の番組を見ていた人の中にも、そうした違和感を持った方はいるのではないかと思います。そのような疑問にテレビ朝日はどう答えるのでしょう。果たしてテレビ朝日にそこまでの覚悟を持って過去の体罰を肯定するような発言をそのまま流してしまったのか、個人的には大変気になります。

(番組内容)

ビートたけしのスポーツ大将 2時間スペシャル 桑田真澄野球対決&名場面秘蔵映像 テレビ朝日
9/16 (日) 18:57 ~ 20:54 (117分)
出演 ビートたけし・ナインティナイン 他

(番組データ)

今回は豪華2時間SP「名場面&秘蔵映像!あの時実は○○だったSP」「桑田真澄vs最強中学生ナイン」さらに、テニス「大坂なおみvs最強中学生対決」も!熱戦に大興奮!

日本男子マラソン界のレジェンド 瀬古利彦 五輪5大会連続出場し、5つのメダルを獲得した柔道界のレジェンド 谷亮子 長嶋茂雄率いる巨人軍のエースとして活躍した野球界のレジェンド 西本聖 誰もが知っている名場面のウラにはたけし・ナイナイも知らない事実が隠されていた!? 驚きの新事実を見逃すな!

“野球対決”では、 PL学園で甲子園に5季連続出場、通算20勝を記録し、プロ野球で通算173勝を誇る投手 桑田真澄 NPB歴代最高となる3021試合出場を誇る捕手 谷繁元信 が登場! さらに“テニス対決”では、 大坂なおみvs最強中学生が実現! 豪華レジェンドアスリートvs次世代アスリートのガチンコ対決を見逃すな!!


「スポーツ大将」レギュラー化は成功するのか

テレビ朝日が27ぶりの放送と気合いを入れている「ビートたけしのスポーツ大将」ですが、すでにTBSには「炎の体育会」がありますし、同じテレビ朝日には改編期や正月のスペシャル番組として続いているとんねるずの番組もあります。さらにオリンピック後の特番などでメダリストをもてなすような番組まで含めると、特段の目新しさはすでになくなりつつあると言えるでしょう。今から新しく番組を作るにしてもそこまでのワクワク感はないのではと思ってしまいます。

なぜなら、世界を相手にして戦うだけのポテンシャルを持ったスポーツ選手のうち、テレビのバラエティに出てくれる現役選手の数は限られるので、出てくれるような選手達は当然他局のスポーツバラエティにも出ますし、その一流アスリートと対決するキッズについても、すでに今回見た「スポーツ大将」の初回放送分から先日放送された「炎の体育会」に出たばかりの子が「スポーツ大将」にも出てきました。つまり優れた人材を出そうとすればするほど、人選によるサプライズが演出しにくいのです。

ただそんな中でも、27年前から始まった同じ番組から生まれたレールの上を走って一般ランナーと競う当時のテレビ朝日の美術スタッフが精魂込めて作った「カール君人形」から派生した「北野暴流闘(きたの・ぼると)君」がどのように仕上がっているかが今回の番組の見どころだと思って見ていました。この点については過去の特番でも使っていたからなのか動作が安定しているようで、多少の誤差はありますが、100メートルをおおよそ10秒以内でコンスタントに走る能力を身に付けていたのはさすがでした。昔のカール君人形は人が押すことでスタートさせていたためか、レールを外れて出走不能になるような事もたまにはありましたが、今度はそうした事故も最小限に抑えることができれば、全国のアマチュアスポーツを楽しむ人たちの目標とすることも可能だと思います。

しかしながら、今回の内容や公式ページで紹介されている次回予告を見た範囲では、オリンピックを目指す子供を一流アスリートと対決させる事を主にやるようなので、こうした企画だけではどうしても種目や出場者のインフレが起こって回数を重ねるごとに番組としての魅力が薄れるかも知れません。さらに悪いことに前日の土曜に放送される「炎の体育会」があるので、同番組との企画や出演者のダブリが目立つようになったら、わざわざ見なくてもいいやとなってしましまいかねません。こうした状況を逆転するためには放送日を金曜日にできれば良かったですが、それができない以上、現状では過去の番組を見たことのない人からすると、炎の体育会の劣化版だと見られてしまう可能性があります。

その点、昔の「スポーツ大将」にはビートたけしさん本人が参加する草野球企画もあったりして、当時のたけし軍団をテレビに出す場としても機能していて、一般参加者との交流が面白い部分もありました。今回の番組の出演者について見ていくと、2015年に放送された特番も今回からの新番組も、アシスタント的なMCにはナインティナインを起用することで、なかなかたけし軍団が入ってくる余地もなさそうです。

後から様々な番組紹介のサイトを見ていくと、この番組自体1年間の期間限定で放送されるという記述があるサイトがありました。公式ページにはそうした記載はありませんので、何らかのインタビューや取材記事から引いているとは思うのですが、それだとさらに2020東京オリンピックを盛り上げるという理由で作られるものでもなさそうですし、一体何の目的で作られたのかという疑問の方が大きくなってしまうという変な番組ですね。もちろん、この「1年間限定」という事がガセネタではなく本当だったらという前提はありますが。

それとも、「スポーツ大将」というブランドをビートたけしさんからナインティナインに譲り渡すための1年限定の番組なのか? という風に考えてしまうと、もはや番組でどんなスポーツが行なわれるかということは関係なく、一年後にこの番組はそのままひっそりと終わるのか、それとも全く何の説明もなく「ナインティナインのスポーツ大将」という風に来年の今頃には名前が変わっているのか、そちらの方に興味が出てきてしまうということになってしまいます。

それはまさにお笑いの世代交代と言ってもいいのかも知れませんし、ビートたけしさんは優先順位的にはやはりご自身の監督される映画の方に集中したいということもあるでしょう。ただし、日曜夜8時というのはNHK大河ドラマでさえ苦しいと言われる「世界の果てまでイッテQ!」という高視聴率番組がありますので、そもそも1年間の放送が無事に持つかということも言えてくると思います。

そんな事を考えてみると、改めてその地力が試されるのがナインティナインのお2人で、視聴率的イッテQ!に惨敗ということにでもなれば、新たな冠番組どころか他の仕事にも影響が出てくるのではないでしょうか。となると、岡村さん矢部さんはかなり体を張ってロケを頑張らなければいけなくなり、裏番組の宮川大輔さんとのガチな勝負が展開される可能性があります。そんな形でこの番組が化けていくのか、短い期間でいつの間にか終了してしまうのか、まさにナインティナインにとっては正念場ということで、今後の状況を継続して観察していこうかなと思っています。

(番組データ)

ビートたけしのスポーツ大将 初回2時間スペシャル 27年ぶりにレギュラー復活! テレビ朝日
11/12 (日) 18:57 ~ 21:00
出演 ビートたけし・ナインティナイン

(番組内容)

伝説のスポーツバラエティーが27年ぶりにレギュラー復活!初回はたけし&ナインティナインが卓球対決に参戦! アスリートVS天才キッズ、水泳・卓球・暴流闘陸上対決!