「フェイクニュース」全盛の時代に地上波でも「フェイク番組」が

何の予備知識もなく深夜にこの番組を見た方は、ひどく消化不良を起こしたのだろうと思います。よくBSでありそうな一つのテーマ(この番組では「パン屋探訪」?)を基本に街歩きをし、出演タレントの魅力とともにテーマを視聴者に伝えるような番組であることを期待して見ていた人は裏切られ、恐らく今後も裏切られ続けるだろうと思います。

このブログの最後に紹介している「番組内容」はこちらが独自に書いたものではなく、テレビ局経由の紹介に基づいているものをそのまま紹介しているのですが、そこで書かれている「お店にお邪魔」ではなく「お店をお邪魔」して、秋山さん自身が「クリエーターズファイル」で行なっているように、自論(もちろん事前の設定がある「フェイク」満載の)を延々と述べることで、予定調和を崩しつつ絶妙な笑いの世界を作り出しています。

同時にYou Tubeで公開されているナレーションの斎藤ちはるアナウンサーの番組収録後のインタビューも実に確信犯的で(スタッフが番組内容をナレータに伝えないまま収録させたのではないかと感じさせる雰囲気を出していました)、かなり秋山さんとスタッフが綿密に打合せをして作っているという印象を受けました。

逆に言うと、街ぶら番組を期待してこの番組を見て、あまりにも目論見が外れてテレビ局に抗議してくるような人がいたら、それは番組にとっては目論見通りであると言えるわけです。一応、番組上の設定で事実と違うことについては、番組最後にテロップで流しているのでその点では問題がないと思います。

さらに、この番組を「フィクション」と呼ぶのも違うような気がします。訪れたパン屋さんは実在し、秋山さんは食べてまともなコメントは言わないながらも画面からおいしそうなパンを紹介していますし、全てが「フィクション」ではありません。

つまり、この番組は最初に書いたような「街歩き的食べ物ガイド」(番組のコンセプトからはNHK BSでシリーズ化されている「パン旅」を意識している?)を茶化し、あえて今はやりの「フェイク」を入れながらゆるーく笑ってもらいたいというコンセプトの番組であって、フェイク情報を出しているからと言って怒り出すのは間違いだということです。

そうしたコンセプトを理解した、秋山さんの話の中から出てきたキーワードをスタッフが事後取材するのも面白く、「御殿場アウトレット」あたりの広報の人が今回実際に出演してフェイク拡散に貢献し、番組の面白さを引き出すことに貢献した椎名林檎さんのように、茶目っ気ある回答をしてくるようになると(スタッフの入れ知恵も含めて)、さらに番組の可能性が広がって面白くなるような気がします。今後の番組の成長に期待したい、そんな番組ですね。

(番組データ)

秋山とパン テレビ朝日
2020/10/08 01:56 ~ 2020/10/08 02:16 (20分)
【出演】秋山竜次(ロバート)
【ナレーション】斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー)
【VTR出演】椎名林檎

(番組内容)

ロバートの秋山竜次が、街で愛されるパンの名店を訪れ、お店ご自慢のパンに舌鼓を打ちます。美味しいパンと小粋なおしゃべり。真夜中にあなたのお腹を鳴らします。

どの国の、どんな街にもパンはある。 人生のいかなる瞬間にも優しく寄り添ってくれる存在、それがパン。 初回の本日は、六本木にあるクロワッサンが絶品と噂のお店にお邪魔します。さてどんな小粋なおしゃべりがとびだすのでしょうか。 真夜中にあなたのお腹を鳴らします。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA