月別アーカイブ: 2019年5月

政治家の「モノマネ」が芸人にできない時代

今回の内容は、「アメトーーク!」としたらかなりゆるい内容で、出演した皆さんが全員サンドウィッチマンについては骨抜きになったような悪い事は一切言わない状況だったのであまり評価としては高くないかも知れませんが、そんな内容だからこそ垣間見えた点がありました。

ゲストが全員サンドウィッチマンの「イエスマン」だからこそ、サンドウィッチマンのお二人がなかなかテレビでは見ることのないいわゆる「楽屋裏」の写真やモノマネが出てきたのですが、今回は伊達みきおさんがそんな自身に甘い状況の中で披露した「安倍晋三(安倍首相)氏のモノマネ」について思うところを書いていきたいと思います。

まず、伊達みきおさんの安倍首相のモノマネはそれほどクオリティが高くなく(^^;)、さらに内容も「どんな事を聞かれてもアメリカ大統領のトランプ氏に電話して一致した」という事を話すというワンパターンのもので、テレビで何度も披露するものではないのではないかと思えます。しかし、この時の首相のモノマネというものをテレビで見る機会がほとんどなくなった今見ていると、そんなモノマネでも結構面白く、「全部トランプ氏に相談して決める」という行動を揶揄しているわけではないにしても、それ以外ネタがないので同じ事を何回も何回も繰り返しているうちに微妙な面白さというのが生まれてくるから不思議です。

過去には政治家を揶揄して笑いを取るというのは、古くは三木鶏郎氏のラジオ「冗談音楽」がありまして、NHKが政治ネタを笑いにすることを禁止されるようなこともあったのですが、その後は時の権力をやり込めるというよりも、単にものすごい個性のある政治家の姿を真似することで、そのデフォルメされた姿がより一層広まることもあり、政治に全く関心のない人でも加藤茶さんが真似をする田中角栄氏とは本当にそんな喋り方をする人なのかとつい国会中継を見てしまうというような事もあったと思います。寄席ではモノマネではなく「声態模写」の芸と言われた桜井長一郎さんが様々な声色を使って「一人国会中継」をやるのが演芸番組で放送されたりされたことで、日本の当時の政治家の方々を身近に感じられるようになったということもありました。そして、今から考えると田中角栄・大平正芳・三木武夫・福田赳夫といった元首相の面々が文句をテレビに言うこともなく「声帯模写」の芸を殺さないで放置していてくれた事も重要な点であったような気がします。

現在の政治家については、小泉純一郎さんや麻生太郎さんがモノマネをされていたことがありましたが、これはそれだけ個性の強い声をしている政治家であったことの裏返しで、かえってその人物の大きさを感じる事ができると思う方もいらっしゃるでしょう。その後、小堺一機さんと清水ミチコさんの鈴木宗男氏と田中真紀子氏との対決なんてネタもありましたが、You Tubeで検索しても消されているのか出て来ないのが悲しいところです。

恐らく、今後真面目に安倍首相の国会答弁をデフォルメして笑いに使おうと思った人がいたとしてもテレビ局側からNGが出るような気もしますし、すでに時の首相でお笑いなんてことがご法度になっているのかも知れませんが、だからこそこの番組で安倍首相のモノマネを何回も何回も強要させる姿というのは何とも言えない面白さがあったのだと思えます。恐らくあれだけ東北の復興に力を尽くしているサンドウィッチマンのお二人にテレビ局も政治家方面も、今回は特別だと思わせることができれば、改めて文句も出ないと思われます。

ただ、同じ事をテレビでやるというのはなかなか難しいでしょうね(^^)。それでも、私なども半は忘れ掛けていた芸人による政治家のモノマネで笑いを取る行為というものがまだテレビの裏側では生きていたということを確認できたということだけでも今回の番組は貴重なものを見たという感じにさせられて、見る機会があって良かったと心から思えるものでした。実際に伊達みきおさんの安倍晋三氏のモノマネが見たい方は、テレビには出ない劇場でリクエストされると、もうお腹いっぱいと思えるくらいやってくれるのではないでしょうか。

(番組データ)

アメトーーク! サンドウィッチマン大好き芸人
2019/05/16 23:20 ~ 2019/05/17 00:20 (60分)テレビ朝日
【MC】雨上がり決死隊
【ゲスト】サンドウィッチマン/中川家&ナイツ&狩野英孝&トミドコロ&口笛なるお

(番組内容)

▽サンドを知り尽くしたメンバー
▽中川家&ナイツ&狩野
▽大ファン剛の盗撮写真
▽塙&伊達…即興漫才
▽礼二がダメ出し
▽後輩が暴露
▽テレビでは見せないウラの顔&モノマネ


スポーツのライブ中継では何を伝えるべきなのか

2019年5月11日から12日の日程で行なわれた「世界リレー」を中継したのはTBSでしたが、TBSと陸上中継というとやはり俳優の織田裕二氏とフリーアナウンサーの中井美穂氏がメインキャスターとして伝えてきた「世界陸上」の恒例化があってこそのものだったでしょう。

今回の「世界リレー」とはその名前の通りリレーに特化した陸上の大会でありますが、日本チームも必ずしもベストメンバーを組んで出場していませんし(大会に出場していないサニブラウン・ハキーム選手は米国で100m9秒99を同時期に出してこちらの方が大きなニュースになりました)、今まで国際舞台の経験に乏しい若手に出場のチャンスを与えたり、男女混合種目など今までなかったような新しい種目を見せるということで色々と馴染みが薄い大会ではあったと思います。ただ、今回の大会が翌年の東京オリンピックを睨んでの日本開催だったということと、さらには男女二人ずつがそれぞれ400メートルを走るマイルリレーが東京オリンピックの新種目として採用されるということもあり、恐らく東京オリンピックの陸上競技と同じくらいの時刻に行なうこともあり、BSや地上波で生中継をするだけの意味を持つ大会とTBSが判断したであろうということは何となくわかったつもりになっていました。

しかし、それにしては今回の世界リレーの伝え方について、甚だ杜撰で結果が気になって見ている人からすると頭に来るような中継のやり方をしていたのです。実際に放送を見ていない方にもわかるように、私が見ていて気になった点を挙げてみます。

まず5月11日はBS-TBSで19時から20時50分まで大会前半部を放送し、その後地上波のTBS系列で20時50分から21時54分まで放送されました。恐らく大会のプログラムが予定時間より長引いてしまったのは、TBSにとっては大変な誤算だったでしょう。民放の場合はBS放送と地上波の移行にはコマーシャルやローカルニュースなど、番組の編成上、止めることのできない部分があるため、予定ではBSで中継できる種目がちゃんと終わってから日本期待の種目のある地上波放送へ移行するつもりだったことは想像に難くありません。

しかし、何が起こるかわからないのが生中継の醍醐味でもあり恐さでもあります。あろうことか、11日にあったリレーの決勝種目で、世界リレーならではの種目である男女2人が400mを2回ずつ走る男女混合2x2x400mリレーにおいて、日本チームはメダルを狙える好位置に付けてアンカーにリレーした時点でBSの放送時間が終了してしまったのでした。

普通に考えるとNHKの高校野球中継のようにザッピングしているうちにすぐに続きの中継が見られるように何故できないのかと思ってしまう方もいるかも知れませんが、TBSに限らず民放はスポンサーとの関係もありますし、ニュースも定時に伝えなければならないのでそんなにすぐに切り替えて中継はできないのです。ただ、TBS側が色気を出して世界リレーの中継を全てBS-TBSだけでなく地上波でも行なおうとしたことは裏目に出てしまったと言えます。もし11日の全てのレースをBSで中継していたら、ここから書くようなひどい事にはならず、この稿を書くこともなかったはずです。

地上波でのTBSは、放送が進まってもBSを今まで見ていて早くリレーの結果が知りたい人は全く関係ないとばかり、放送後しばらくして始まる日本陸上チームにとって一番メダル獲得に近い種目である男子100m×4リレーについてのVTR煽りと、織田・中井両氏の男子400mリレーについての期待のコメントを流すだけで、それまでのレースについて全くコメントも字幕伝達もありませんでした。

結局、その後もBSで中断したレースの結果は全く伝えないまま中継が進んでしまったのですが、地上波を見ている人にはそれで良くても、BSから地上波に追ってきた視聴者の事を無視する姿勢を露骨に感じざるを得ませんでした。実際に中継を途中で打ち切られたリレーに出たクレイアーロン竜浪(男子)、塩見綾乃(女子)の両選手からしたら、必死になって走り(わずかなインターバルで400mを2回走る大変さがあります)、しかも他チーム失格によって銅メダルを獲得したにも関わらず全く織田・中井の両名が伝えず、インタビューも取らないと言うのは、スタッフ及びキャスター二人が無名選手は相手にしないような事をしているのではないか? という視聴者側の疑念を生じさせるには十分な状況でした。

実際にメインキャスターのお二人はテレビの中でしか見ていないので断定することはできませんし、スタッフの責任をキャスターがかぶってしまっているかも知れません。しかしこうした事実の積み重ねが「TBS陸上中継のスタッフとキャスター陣との間に不協和音が?」というような憶測を生んだりするのです。テレビを生中継するなら少しでも見ている側に疑念を生じさせないようなフォローをするために、何らかの対応を中継現場にいたスタッフがするべきだったのではないかと個人的には思うのですか。

世界リレー第一日の11日の中継は、さらに放送時間内で最後のレース結果を伝えることができず、次番組の「新・情報7DAYS ニュースキャスター」内で結果を伝えるということでしたが、同じTBSの番組なのになかなかレースのVTRが届かず、10分あまり司会の安住紳一郎アナウンサーと出演のビートたけしさんのフリートークで繋ぐのみでした。直前レースの結果だけでも字幕で出してくれたらいいのに(野球中継ではよく使われる方法です)と思いつつも、たけしさんがバトンがうまく受け取れずに予選敗退した男子400mリレーについて愚痴のようなコメントを発するなど、「世界リレー」中継のネット炎上に一役買う始末でした。当然先の男女混合2x2x400mリレーのVTRも流さず結果も報告せず、これでは情報番組としての存在価値を発揮できていないので、今後は単なるお笑いバラエティとして(例えばフジテレビの「全力!脱力タイムス」のような)見た方がいいのではないか? とすら思えてしまいます。

中継のトラブルはこれだけだと思っていたのですが、何と翌日にもスタッフとキャスターとの連絡が付かずにみっともない状況になってしまった所がありました。それは、普段の大会ではこれもなかなか見ることができない200mを4人の走者がリレーする女子4×200mリレーにおいて、きちんと画面表示ではアメリカが失格したことで4位入賞になったのですが(ジャマイカはバトンの受け渡しでもたついたものの失格にはならず3位)、どうやらその情報がメインキャスターの織田氏、中井氏の元には伝わっていなかったようで、「日本は5位」だとか「ジャマイカは失格ではないか?」とかいうコメントを発するに至り、すでに画面で最終結果を知っていて中継を見ている私としては、「この人たちはまさかギャグで言っているのか?」と思ってしまったくらいです

もしこれらのやり取りが単なる伝達ミスだったとしたら、視聴者に情報を見せる前にキャスターにしっかりと結果を伝達すべきではないか? と思えるような不手際ということになるでしょう。この様子を裏読みすると、もはや織田・中井両氏からするとスタッフに恥をかかされたと思っても可怪しくなく、本当に「TBSスタッフとメインキャスターとの間には不協和音が生じているのではないか」と思わせてしまう中継となってしまいました。

少なくともライブでスポーツをテレビ中継する場合には、きちんと結果を伝えることが大事で、そのためには裏方とキャスターの息がぴったりと合っていないといけませんし、レース後の感動の瞬間を捉えるためには、レース直後に選手の元に駆けつけ、興奮が冷めない中でコメントを生で伝える努力が大切になるのではないでしょうか。この点で言えば先述の女子4×200mリレーせっかく日本新記録を出したのに、生中継の中で全くインタビューも取らず、これも期待種目・期待選手以外はどうでもいいと思っていて、早く次の番組である福山雅治主演の「集団左遷!」に繋ぐことばかり現場のスタッフは考えていたのではないかと下衆の勘繰りをしたくなってしまうのです。

たとえ人気のない種目・選手の出る競技であってもきちんと伝え続けることで、今やそのソフトが大化けして多くの視聴者を引き付ける「卓球」を長年手掛けてきた「テレビ東京」とTBSとの違いを感じるとともに、今まではテレビ中継を有難がっていた競技団体も、「延長中継あり受ち切りなし」のネットによるライブ配信サービスの方に鞍替えした方がコアなファンを繋ぎ止められるのではないかという気すらしてきました。例えばこのままDAZNが今より多くの日本国内で注目のスポーツ中継を扱いだしたら、正直テレビ自体の危機につながると思われますが、今だに今回のような不手際の多い内容の中継を行なっているテレビ局には全く危機感はないのでしょうか。


テレビが作る「実績」は本当の実力なのか?

NBC長崎放送が制作した番組に地域情報バラエティ「げなパネ!」がありますが、この番組は静岡県出身の漫才コンビ「トータルテンボス」の冠番組で、現在はネット配信の「TVer」で見ることができます。私が見た回は同じ漫才コンビで茨城県出身の「カミナリ」がゲストで出演していて、現在のお笑いについての興味深いお話をしていたのを見させていただきました。

「カミナリ」は今回紹介する「ものまねグランプリ」にも出場した漫才コンビ「霜降り明星」とは事務所は違うものの活動年数も近く意識するのだそうで、そんな霜降り明星の事を「吉本の宝」という風に表現していました。当然ライバル心もあるでしょうし、露骨に贔屓されることについての不満もあるでしょうが、「げなパネ!」の中ではそんな感じは一切出さず、実に立派な態度だったと見ていて思いました。

番組の感想に先立って直接は関係ない「げなパネ!」の話題を出したのは、お笑い界だけでなくテレビの世界でも番組制作に大きな影響を与える大手芸能事務所の「吉本興業」の意向を考えずして人気バラエティの制作が難しいのではないかという疑念があります。

そこで改めて漫才コンビの「霜降り明星」の活動実績について見ていくと、今回の「ものまねグランプリ」では見事チャンピオンに輝いたわけですが、これで漫才の「M-1グランプリ」、ピン芸のコンテスト「R-1ぐらんぷり」でメンバーの粗品さんがグランプリ受賞と、今回のものまね芸でのグランプリと合わせて「三冠」を取ったというまさに「吉本の宝」とカミナリやトータルテンボスに言わしめたことがお世辞ではない活躍ぶりです。

しかし、番組を直接見た方ならおわかりでしょうが、生放送でなく録画番組で、決勝の際に審査員全員が「霜降り明星」に一位の点を付けてのぶっちぎりのグランプリ獲得に、他の決勝進出者との比較で、審査結果に疑念を持った方も少なくないのではないかと思います。

「ものまねグランプリ」に限らず、新たなスターが出現した場合、いかにその人気を上げるように忖度するかということは別に番組がオリンピックなどの見ばえとは関係ない真剣勝負でなければ、十分演出の範囲であるように思えます。人気を上げたいと思っている人をドラマの主演にキャスティングすることは「やらせ」でも何でもありませんし、見たい人だけが見ればいいわけなので、今回のグランプリ受賞もそうした考えの延長線上にあったものなのかも知れません。

結果としてこうしてできた「実績」は後々まで残り、最初に紹介したように「霜降り明星」は「漫才」でも「ピン芸」でも「ものまね」でも面白いという大きなイメージが形成されます。そうしたイメージを利用して「霜降り明星」のお二人が今以上の実力を発揮することで名実ともに「吉本の宝」となっていくのか、そのイメージに押し潰されてしまうのか大変気になります。

もし私が「霜降り明星」のファンだったら、そこまで色々な事に手を出して受賞歴を増やす事よりも、地に足をしっかり着けて漫才の面白さとテレビでのフリートークの面白さ、さらにロケ回しのうまさを身に付けてずっとテレビで活躍することができるように頑張って欲しいと思うのですが。今後彼ら二人が、「何でもできる芸人」として無茶振りされて滑ってしまった場合、相当お二人にとってのダメージが増えてしまうのではないかと心配になったりします。大きなお世話と言われればそれまでですが、霜降り明星のお二人には、くれぐれもテレビに潰されることのないように、苦言を言ってくれる方を大切にして活動していって欲しいと思います。そして番組に出演したものまね芸人の方についても、今回の結果については悲観せず、次回こそグランプリを取れるように芸道に精進していって欲しいと思っています。

(番組データ)

ものまねグランプリ特別編 ものまねレジェンドが選ぶ次世代ものまね芸人No.1決定戦
2019/05/07 19:56 ~ 2019/05/07 22:54 (178分)日本テレビ
【MC】ネプチューン
【進行】郡司恭子アナ、笹崎里菜アナ
【出演者(審査員含む)】コロッケ、神奈月、ホリ、福田彩乃、荒牧陽子、山寺宏一、アンガールズ、横澤夏子、椿鬼奴、古賀シュウ、イジリー岡田、やしろ優、Mr.シャチホコ、平野ノラ、沙羅、メルヘン須長、山田七海、チョコレートプラネット、朝日奈央、霜降り明星、祭nine.、関根勤、井森美幸、ビビる大木、上白石萌音、池田美優、加藤ナナ、廣瀬智紀

(番組内容)

ものまねレジェンドが感嘆!進化した芸を見逃すな

▽霜降り明星ものまね連射漫才
▽チョコプラ大坂なおみVS和泉元彌
▽歴代朝ドラ主題歌を山田七海が激似熱唱…上白石萌音絶賛
▽CD店QUEENがすべて神奈月になったらバレる?バレない?
▽3年A組菅田将暉が蘇る?▽祭nine.のTT兄弟とは?
▽平成30年名曲45組で20分ノンストップメドレー!ものまねを止めるな
▽広瀬すず、佐藤健、山崎賢人…見た目そっくりさん


思った事を包み隠さず言葉にする子どもの恐さと凄さ

まず、最初に苦言を呈しておきますが、この番組をなぜ今になって紹介するかと言いますと、私の住む静岡県では2月2日に放送されず4月30日午後の放送になったからです。改めて番組の内容を詳しく知りたいと思って番組のホームページにアクセスしたところMCのサンドウィッチマンと芦田愛菜さんの名前は出てきたものの、番組に出演した「博士ちゃん」の子どもたちの名前については一切紹介されていなかったというのはどういう事なのでしょうか。

今回出演したお子さんたちの中で、このブログで取り上げたいのは番組データにある(1)の美空ひばりをこよなく愛する超歌うま11歳少女だったのですが、この子がどういう方なのかということが、公式ページからでは調べられないというのでは、この番組をきっかけにして何か興味を持ったテレビを見ていたお子さんの可能性まで潰してしまうといったら言い過ぎでしょうか。テレビに出て顔と名前を出しているならば、せめて番組を紹介したページについてはきちんとしたデータを出すべきではないかと思うのです。

ただ、番組名とキーワードでさらに検索を掛けると、やはりテレビに出たり多くのコンテストに出て歌っている子だけに、他の子と比べると比較的簡単にその名前を見付けることができました。梅谷心愛さんというのが11才の少女の名前でした。テレビの「歌唱王」「カラオケバトル」といった素人の歌唱力を競う番組にも出演している、将来の歌手を目指している子です。ひいおばあちゃん(だったと思います)の影響で美空ひばりさんの歌に惚れ込み、当時の流行歌を聞き自分でも歌い、その歌唱力もかなりのものなのだそうです。

ちなみに私自身の美空ひばり体験というのは、もはや大御所としての存在だった時期からしか知らないため、身内の不祥事によって紅白歌合戦を辞退した時のイメージが長いこと強く、当時ニューミュージックと呼ばれるジャンルに勢力を縮小しつつあった「古くさい演歌歌手」という感じで考えていたので、その歌手としての凄さというのは大人になるまでわかりませんでした。ひばりさんの魅力というのは、心愛さんと同じくらいの小さな頃から歌手だけでなく女優としてもデビューし、その子どもに思えないほどの歌唱力をもって歌った様々な歌の魅力があります。

それこそ昔は「悲しい酒」のような曲調のものしか知らなかったのですが、それは大きなる認識不足で、それこそ素人がおいそれとカラオケで歌えない曲の数々に驚愕し、改めていろんな時代の曲を聞き直した私からすると、心愛さんが番組で紹介した「美空ひばりのすごい曲」として取り上げるのは何かのかちょっと興味が湧いたのでした。

結果として紹介されたのは「お祭りマンボ」「ひばりの佐渡情話」「人生一路」という、11才の少女から出てくるにはちょっと考えられないような曲の数々でした。さらに、美空ひばりの代表曲とされる「川の流れのように」に一切触れなかったというのも本当に美空ひばりの歌について良くわかっていると思われる事でした。

ただ誤解してほしくないのですがここで私は「川の流れのように」をディスっているわけではありません。この曲は、素人がカラオケでもそれなりに歌える曲で、ひばりさんが演歌に興味を持ちにくい若い人にも興味を持ってもらえるようにと、ひばりさんの最晩年に作られた曲であり、ひばりさんの代表曲の一つには違いありません。こちらで想像するに、すでに美空ひばりさんの多面性のある歌の魅力を知ってしまっている心愛さんにとって、ひばりさんが若者の側に寄せた曲である「川の流れのように」とは別の方向の「本当にすごいと思う曲」を出してきたのではないかと思われます。

ちなみに、著書に「美空ひばり」があり、生前には「ひばりウォッチャー」とも言われたルポライターの竹中労さんが選ぶ美空ひばりの曲のベストの中の一つとして挙げた曲こそ「ひばりの佐渡情話」だったのでした。さすがに心愛さんが竹中労さんの書いたものを詳しく読んだことを根拠に番組内で挙げたとは思えず、自分で美空ひばりさんの曲を歌うことによってその凄さを感じたからこそ「ひばりの佐渡情話」が出たのだと思いますし、相当美空ひばりさんの曲を聴き込んでいることが想像できました。

今の世の中はYou Tubeで過去の映像を簡単に見ることができるようになりましたし、昔の人・今の人に関係なく、子供の心で本当にすごいと思ったものが評価されるような事にこれからはなっていく可能性をこの番組を見て感じるとともに、とってつけたような知識では、感性の強い子には単にバカにされるだけだということも感じた次第なので(^^;)、私自身ももう少ししっかりとTV番組について書いて行こうと思い直しているところです。

(番組データ)

サンドウィッチマン&芦田愛菜のぶっつけ教室 博士ちゃん テレビ朝日
2019/02/02 14:55 ~ 2019/02/02 16:25 (90分)
【出演者】サンドウィッチマン 芦田愛菜

(番組内容)

大人顔負けの知識を持つ子ども博士こと“博士ちゃん”が サンドウィッチマン&芦田愛菜の質問に答えまくる 黒板も教科書も使わない“ぶっつけ本番”の即興授業! 単独ライブで客席の子どもをステージに上げて 即興トークを繰り広げているサンドウィッチマンが “博士ちゃん”をイジリながら教えを請う爆笑教室!
登場する博士ちゃんは…

(1)美空ひばりをこよなく愛する超歌うま11歳少女
(2)最年少で取得!世界遺産マイスター中学生
(3)マイナー野菜激アツプレゼン10歳男子
(4)日本一の金魚すくい兄弟