「スポーツ大将」は権威に文句も言えないから打ち切られるのか?

先日、ネットニュースを見たら「スポーツバラエティの難しさ」という事をテーマにして「ビートたけしのスポーツ大将」が2018年9月いっぱいで打ち切られることが決定したという内容でした。

前回にはちょっと心配しながら、2020年まで続くのかどうかということがありましたが、まさか1年も持たずに終了するとは思いませんでした。ただ、スペシャルで時間を伸ばすのはいいとしても、毎週放送せずに休止が多いというのはいただけません。同じようになかなか進まないTwellVの「チャリお遍路」でさえ、進まない時には再放送で凌いでいるのに、野球中継以外の事で簡単に別番組に振り替えるというのは、やはり本気でスポーツバラエティを作る気がないと思われても仕方のないところがあったのではないかと疑ってみたくもなるものです。

今回のスペシャルはその「チャリお遍路」の最新回を見た後に残りの部分だけ見たのですが、番組の最後にとんでもない「忖度」を見てしまったのです。さらに、その事について番組出演者は一切異論を出しませんでした。

どういう事かというと、元プロ野球選手で長嶋茂雄氏が読売巨人軍監督時代に活躍したピッチャーである西本聖氏が出て来て選手時代の想い出話をしたのですが、その内容について、広島カープとの対戦で投げていた西本氏は、味方が大量リードをしているにも関わらず、1イニングに3つも死球を当ててしまい、最後には引き分けに持ち込まれてしまったのですが、試合終了後にスタッフから角盈男さんとともに監督室に呼び出され、そこで何と20発ものビンタを受けたというのです。

この内容を時間が経ってから読まれる方のために、番組が放送されている少し前に起こった事について書いておきます。スポーツとパワハラ、体罰など多くの事がからんで問題になった女子体操選手とそのコーチの暴力について朝や昼のワイドショーで紹介される中で、あるテレビ局がコーチが本気で一発ビンタをその選手にしている姿(関係者による盗撮とおぼしき動画)を流し、番組の司会者やコメンテーターが「暴力を伴う指導は絶対にダメ」ということをテレビを通じて言っている内容を何度も放送しているということがあったばかりなのに、いくら昔の話とは言え、いくら長嶋茂雄氏からビンタを受けた側の西本さんがその暴力について問題にしていないからと言って、例えば「今ではそんなことをやってはダメでしょ」くらいのツッコミも入らなかったのには驚きました。

テレビ朝日は長嶋茂雄さんの息子の長嶋一茂氏を「モーニングショー」金曜レギュラーコメンテーターとして起用し、過去には娘の長島三奈氏を同社の記者としてスポーツ取材にあたらせていましたが(長島三奈氏は現在フリーで活躍しています)、そういう事も関係があるのか? と疑った人がいたとしてもしょうがないくらいの内容です。

今回のゲストの中には西本聖氏の他に読売巨人軍の元選手としては定岡正二氏と元木大介氏がいましたが、長嶋茂雄監督は怒ると怖いという話に相槌を打つばかりでした。そうした理屈が通るなら、過去にひどいビンタをした体操コーチの所業については長嶋茂雄氏と同じように問題にならないのか? と思ってしまいます。

どうもこの辺が私自身はテレビのいいかげんなところではないかと思っていて、いやしくもスポーツバラエティを名乗るなら、今のスポーツをとりまく話題についてはキチンと抑えつつ、現代の社会の中でこうしたスポーツ選手と監督・コーチとの関係についてもしっかりとした指針を持ってコメントでもテロップでも入れていくようにしないと、改めてスポーツ指導における体罰(暴力)肯定派が力を持ってくることにもつながりかねません。バラエティと言えども単に面白ければいいのではなく、ナーバスな問題については十分に考えた上で作った方がいいのではないかと単純に思ってしまうのです。

今回の番組を見ていた人の中にも、そうした違和感を持った方はいるのではないかと思います。そのような疑問にテレビ朝日はどう答えるのでしょう。果たしてテレビ朝日にそこまでの覚悟を持って過去の体罰を肯定するような発言をそのまま流してしまったのか、個人的には大変気になります。

(番組内容)

ビートたけしのスポーツ大将 2時間スペシャル 桑田真澄野球対決&名場面秘蔵映像 テレビ朝日
9/16 (日) 18:57 ~ 20:54 (117分)
出演 ビートたけし・ナインティナイン 他

(番組データ)

今回は豪華2時間SP「名場面&秘蔵映像!あの時実は○○だったSP」「桑田真澄vs最強中学生ナイン」さらに、テニス「大坂なおみvs最強中学生対決」も!熱戦に大興奮!

日本男子マラソン界のレジェンド 瀬古利彦 五輪5大会連続出場し、5つのメダルを獲得した柔道界のレジェンド 谷亮子 長嶋茂雄率いる巨人軍のエースとして活躍した野球界のレジェンド 西本聖 誰もが知っている名場面のウラにはたけし・ナイナイも知らない事実が隠されていた!? 驚きの新事実を見逃すな!

“野球対決”では、 PL学園で甲子園に5季連続出場、通算20勝を記録し、プロ野球で通算173勝を誇る投手 桑田真澄 NPB歴代最高となる3021試合出場を誇る捕手 谷繁元信 が登場! さらに“テニス対決”では、 大坂なおみvs最強中学生が実現! 豪華レジェンドアスリートvs次世代アスリートのガチンコ対決を見逃すな!!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA