「ロケスター」とは地方営業でガッチリ稼ぐ人の事か?

業界人にも人気と言われ、TVerでの見逃し配信やアマゾンプライムで過去の番組が見られたりと、大阪ABCが見られない私でもほぼリアルタイムで見ることのできる「相席食堂」は、テスト版の頃からずっと見る幸運にあずかっていますが、今回は「旅人」のうちで ▽明石家さんまと覇権を争った男(森脇健児) ▽伝説の女格闘家 (アジャ・コング)のお二人しか紹介し切れないという、今後もしばらく続くシリーズです。一通り8名のレポートを見終ってからの方がいいかなとも思ったのですが、このサイト自体が最近は更新をほとんどしていないため、自分自身のリハビリを兼ねてちょっと思ったことなどを書こうと思います。

千鳥のお二人が「ロケスター」として絶賛したのが、二人目に出てきたアジャ・コングさんで、今回の番組を見ている業界の方は早くコンタクトを取って人材として確保した方がいいとまで言っています。それはなぜかと言うと、番組を見た方ならおわかりかと思うのですが、実にそつなく、自分がどのように見られているか、そしてテレビを見ている人は何に興味があるか、さらにさらに、テレビで宣伝して多くの人に施設の良さを感じて欲しいと思っている場所を貸してくれたレジャーランド(地方のロケの場合は即スポンサーになり得る)の方の想いを事前に察知し、その場のレポートを作っているまさに「PR番組のプロ」としてのアジャ・コングさんの行動が明らかになったからです。そういう意味では千鳥のお二人の指摘は的を射ています。

ただ、それと番組の面白さは素直につながらないという一面もあります。もしアジャ・コングさんが地方のテレビ局にスカウトされて、毎週地方の面白い施設や食堂などをレポートする番組を持ったとしても、その番組自体は面白いというよりも地方在住の人には遊びに行ったり食事をしに行くための情報を提供するのが主で、テレビを見て来てくれる人が増えることでテレビ局も広告収入を得やすくなります。テレビショッピングではありませんが、地元のスポンサーのために人を集めるための仕事としては超一級品であることは間違いありませんが、今回の内容は千鳥のお二人が思い切って突っ込み、さらに言うと、その前に出てきた「明石家さんまと覇権を争った男」とされている森脇健児さんのレポートと対比しているから面白いわけです。

スポンサー関係なく面白い映像をロケで撮るという点においては、むしろ森脇健児さんの方が面白いところもあります。しかし、残念ながら施設のレポートという点ではアジャ・コングさんの方が完成されていて、安心して見ていられます。

今後のテレビを考える際、すぐに集客ということでの結果を求めるスポンサーにとっては、アジャ・コングさんのような人を「ロケスター」として注目するようにし向けた方がいいとは思いますが、ただ単に面白いテレビ番組を見たいと思う人にとっては、今回の相席食堂で絶賛された「ロケスター」がテレビで活躍するようになると、ほぼ見たい番組が消えていってしまうということにもなりかねません。

恐らく、そういったことは十分承知の上で千鳥のお二人はアジャ・コングさんを評価されているのだろうと思いますが、今後アジャ・コングさんをしのぐ「ロケスター」の定義が番組の続きで出現されることを期待しながら続きを見ることにしたいと思います。

(番組データ)

千鳥の相席食堂超豪華!ロケスター候補8名が集結~青田買いスペシャル2020夏~
2020/09/01 23:17 ~ 2020/09/02 00:17 (60分)ABCテレビ
【司会】千鳥(大悟・ノブ)
【旅人】 ▽明石家さんまと覇権を争った男 ▽伝説の女格闘家 ▽ショーガール界の秘密兵器 ▽令和の超新星ギャル ▽国民的人気俳優 ▽2020年ナンバーワン女優 ▽女芸人の生きる伝説 ▽大御所アナウンサー

(番組内容)

有名人が見知らぬ街で、地元民と突然、相席!▽偶然の出会いから始まる相席を通じて、街の魅力や新たな自分を発見する新感覚旅バラエティ▽ガチ交流ロケにMC千鳥がツッコミまくる!
ロケスターを発掘する恒例企画「青田買いSP」が今年も開幕▽今回は関西レジャースポットとコラボしたリポート決戦▽千鳥のツッコミ100発以上!真夏の祭典が開幕!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA