テレビがカバーしにくい「天体ショー」こそネットの独断場か

2019年12月26日の午後2時過ぎから、普段は全国の天気を伝え続けているウェザーニューズのYou Tubeチャンネルはライブの特別番組に切り替わりました。というのも、この日は日本で部分日食が見られる日で、さらにアジアの一部地域では金環日食が見られたのでした。

番組は日本国内の天気を紹介しつつ、国内での日食の画像を伝えようとしましたが、あいにく日本のほとんどの地域で曇りないし雨の天気で、北海道や東北、沖縄など限られた地域でしか部分日食は見られませんでした。

しかし、多くの会員を持つウェザーニューズの番組内では会員が雲の向こうがわでかろうじてその姿を見せている部分日食の様子が紹介されました。こうした事がリアルタイムで行なわれることは重要です。というのも、今回のような基本的に日本国内では見られないながらも、奇跡的に雲の切れ間から太陽が顔をのぞかせることはあるわけで、番組では会員からの写真や気象衛星からの雲の画像を紹介しつつ、番組を室内で見ている人であっても番組内の情報で自分の回りが晴れているのに気付けば、自ら外に出て部分日食の様子を直接見られるような可能性が出てくるわけです。こういうことは、今の日本のテレビではなかなか行なえない事で、今後のネット動画のあり方についての一つの方向性を見せてくれているようです。

番組の方はグアムにカメラを用意していて、たった数分間の金環日食の撮影のために用意したカメラが見事に金環日食の始めから終わりまでを克明に映し出してくれました。私の住んでいるところでは太陽の姿を拝むことはできませんでしたが、大画面のテレビにYou Tubeの動画を映していたので、それなりの迫力で安全に見ることができました。こうしたリアルタイムで天体ショーを生中継してくれるのは本当に有難いことです。

ウェザーニューズでは日食・月食だけでなく、有名な流星群の極大日には結構生中継をやってくれます。この中継も、全国各地にカメラを置いて多元中継を行なうので、全く流れ星が見られないということはなく、スタジオのキャスターの伝える楽しい中継に外で見るよりつい中継の方を見てしまうということも起こり得ます。

このような中継がない時代には、自分で天気を調べて場所を決め、もし到着時に曇っていたとしても一瞬の雲の切れ間を狙うか、さらに移動した方がいいかを自分で決める必要があったのですが、今ではネット中継の様子を見てどこに移動すればいいか判断しやすくなっています。

今後、ネットでの天体ショーの同時中継に期待していることは、一時間に数千個も流れることがあるという「しし座流星群」のリアルタイム観測につながるのではないかということです。しし座流星群は毎年11月というかなり寒い時期に出現するものの、普段は一時間に数個くらいしか流れないのですが、ごくまれにではありますが大出現を見せることがあります。

ちなみに前回の大出現は事前にある程度予測されていて、さらに日本より早く流星が見られるオーストラリアで異常と思えるほどの流星の動画かリアルタイムでウェザーニューズではありませんが配信されてきていたので、深夜から夜明けにかけて出現を確信して待ち、多くの流星を見ることができたのですが、これと同じ事が今後起こるかも知れません。

現代の流星予測の精度は上がっているとは言っても、地域によっては見えない事もあり、果たして日本で見えるのか、見えるとしたらどこへ行けばいいのか、さらに見える時間はいつまでかというような情報を逐一報告してくれるのも天体ショーの同時中継の役割になってくると思います。

ネットでの中継を見ながら暖かい部屋か車の中で待機し、出現し出したら一気に外に出て直に見るということもできますし、本当に大出現があったとしたら時間制限のあるテレビよりも、いくらでも放送延長が可能なネット動画の方が有利です。さらにスマホでどこにいても見られるような形で現在も放送しているので、本当に車で移動しながらいい条件で見られる場所を探すこともできるでしょう。

今回の部分日食は皆既日食や金環食よりはマイナーな天体ショーで、直接的には見られなかったことで世間からの注目は少ないと思われますが、風邪を引かないように自宅からでも動画で事前に確認して出現の確実性が増したところで満を持して外で見るというスタイルをおすすめしたいですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA