半年毎日受信料で宣伝ドラマは止めませんか?

コシノ三姉妹、ニッカウヰスキー、大同生命保険、暮しの手帖、ファミリア、吉本興業、これらの企業(事業)に共通する事は何でしょうか? それは「カーネーション」、「マッサン」、「あさが来た」、「とと姉ちゃん」、「べっぴんさん」、「わろてんか」というNHKの朝の連続テレビ小説の題材となった企業(事業)だということです。

先日発表された2018年秋に大阪放送局で作られる朝ドラは「まんぷく」で、日清食品創業者の安藤百福氏夫妻の伝記になるそうですが、今回の発表は二重の意味で優遇されていると感じます。

まず、安藤百福氏をモデルとした朝ドラとしてはすでに作詞家のなかにし礼氏の本を参考にしたミュージカル仕立ての朝ドラで、石原さとみさんや上野樹里さんの人気を不動のものにした「てるてる家族」にも、登場人物の秋子さんが出入りする先の研究者として中村梅雀さんが演じて登場しています。これは、戦後を代表する食品としてのアクセントという感じでしたが、今回日清食品を大々的にNHKがPRすることについて、二度目ということもありこの題材で本当に良かったのかという声はこれからどんどん大きくなっていくのではないでしょうか。

上に挙げさせていただいた企業の中で、今まではそれほどドラマを宣伝活動に利用したのはニッカウヰスキーや大同生命保険が目立つくらいでした(メディアの方から取材に行っていたと私自身が思っていたものは省いてありますが、当該企業の宣伝活動の全てを把握していないところもあるため、他のケースでも同じようなことがあったら自分の不明を詫びるしかありませんので、ご存知の宣伝活動があればご指摘下さい)。現在放送されている「わろてんか」をどのように吉本興業が扱うかはわからないものの、やりようによっては顧客訪問の際の話題作りとしても相当の「営業ツール」をNHKが提供していると言えると思います。そんな感じで来年の秋から日清食品がもし新製品を出してきたり、既存製品の大キャンペーンをするということになると、競合する同業他社の損出というものも生む可能性もあるわけです。

これが、民放のドラマで安定してスポンサー料を払う企業についてやるというのならそれだけお金を掛けているという事にもなるので、うまい宣伝だくらいにしか思わないのですが、もしドラマ連動した露骨なタイアップ販売が行なわれたとすれば、改めてNHKの存在意義というものを感じざるを得なくなってしまいます。

伝記系のドラマというのは、ある意味成功が約束されているということもあり、どんなにヒロインが厳しい目に遭わされていたとしても結局はその苦労は成功のための苦労だったという風に美化されてしまうのですが、そうは言っても、あの橋田壽賀子氏か書いたフィクション「おしん」が嫁ぎ先の佐賀で受けたほどの苦労までは描くことはできていないように思います。ある意味ぬるい苦労で成功が得られるのではという誤解を与えかねない事でもあるので、実在の人物には配慮しつつも、その苦労やいけずに対抗するために取った実際の話に近いことなどは、当然今放送中の「わろてんか」でも描いてこそ説得力を持つと思われます。そうした点は来年の「まんぷく」ではどうなるのか、やはりそれなりに厳しい目で視聴者は見ていかなければならないでしょうし、決してドラマで見たからと日清食品の製品を買うような短絡的な行動を取らないことが、今後の朝ドラのあり方を考える場合の見る側の対応ではないかと思います。

そもそも、今それほど大きくない会社であるものの、創業者に魅力があるところをたまに主人公にして朝ドラをやるならそう変にも思わないとは思うのですが、ここ最近の朝ドラはほとんど実在しそれなりに大きな商いをやっている企業の創業者をヒロインとして扱っているものが多いと思います。それこそ、企業からの働きかけがあって忖度したのか? というような疑惑が出てきても不思議ではないわけで、そんな疑惑が出てこないうちに、今のような朝ドラの作り方をNHKは止めるべきだと思うのは私だけではないはずです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA