タレント頼みの地域創生は危険

過去には様々な芸能界・スポーツ界の薬物依存による麻薬使用による逮捕劇がありましたが、今回音楽ユニット「電気グルーヴ」の構成員で、俳優・タレントとして幅広く活躍していたピエール瀧こと瀧正則容疑者の逮捕というのは、私自身が現在も静岡市在住だったこともあり、かなりびっくりしました。

電気グルーヴの活動で海外公演をしていた時に使用していたという第一報がありましたが、テレビ中心のタレント業だけでなく、音楽関係の仕事など幅広くこなしていただけに、薬物の誘惑はかなり多かったのだろうと推測します。ただそれにしても、これで現在放送中の大河ドラマの撮り直しになるでしょうし、地方番組としては異例とも言える人気のあった静岡朝日テレビ(テレビ朝日系列)の冠番組「ピエール瀧のしょんないTV」も打ち切りで、将来的にも復活の見込みは消えたと言えます。

日本のテレビというのは現在ほとんど東京や大阪という大都市圏のテレビ局の製作した番組を地方でも流すようになっています。視聴者の方もキー局制作の番組と比べてつまらないと見られがちな地方制作の番組よりも、東京のテレビ局の作った番組の方を見たいという声が挙がるほどです。それがNHKを含む東京キー局のテレビ放送をインターネットでそのまま再配信すると、地方局を見る人がいなくなる事が問題だとして、今だにインターネットによるテレビ放送というものは実現していません。

そんな中で、地方のテレビ局において、現状に危機感を覚えた地方局が、東京の局が作る番組よりも面白い番組を作りたいという目的であの手この手で地方独自の番組が作られていますが、正直言ってその多くはおせじにも好んで毎回見ようとは思えないものです。そんな中で、多くの地方局が行なっているのが、全国区のタレントやお笑い芸人を出演させて地元のお店のPRをさせようという番組の多さです。これは、地元のテレビ局の収益がその土地の小さな企業やお店の払ってくれる広告料によって一部成り立っているということから、しょうがない所もあるのですが、「お店や企業の紹介」というコンテンツを動かせない分、その番組は全国区にはなり得ないというジレンマも抱えることになります。地元の視聴者に見てもらうために、出演者を自局のアナウンサー以外に求め、全国区で知名度がある人に出演してもらうことで興味を引き付けるという、まるで東京発の東京ローカルの番組をなぞるような番組が大量に発生する傾向にあるものの、それらの番組はあくまで地方限定の番組になることが歯がゆくもあるでしょう。

そこで、地元限定の番組からもう一つ抜け出すための方法として、全国区で知名度のあるタレントという条件に加えて、地元出身の人を起用し、地元の話題を全国に拡散させる効果を狙った番組作りをするという方法があります。
しかし、まさに今回容疑者となったピエール瀧の冠番組「ピエール瀧のしょんないTV」がそのやり方で作られた番組と言うことで、これまで静岡発の全国に売れる番組という評価もあったのに、まさにバブルで消えた泡のようにテレビ局も番組のホームページの存在を消すなど、一気に状況は変わってしまいました。

このように、カリスマ的な人物ありきということで作られた番組というのは、ここまでのトラブルでなくても、メインの出演者が体調を崩して長期離脱なんていうことにでもなったらすぐに行き詰まってしまうことになりかねません。番組がうまく回っているうちは番組も作りやすく、人気も出ていいことずくめのようですが、今回のケースでもこれで静岡発の全国に向けたバラエティ番組が無くなってしまうことによる関係者の落胆は相当のものでしょう。

現在のテレビはたとえ東京キー局であっても有名なタレントを出してお店めぐりとか観光地のレポートをするような変わりばえのしないものばかりで、逆に有名なタレントを出すことのできないテレビ東京の番組に評価が与えられるような状況も一方ではあります。今後、地方局が全国に向けた番組を作るような場合、やはり安易に外から有名タレントを連れて来てその人の魅力による番組作りをするよりも、地方の何を全国に発信したいのかという、コンテンツについてじっくりと考えて出演者も全国的には知名度のない地元の人をスターに押し上げるくらいの心意気が欲しいものです。

地方局の全国区になった番組ということで言うと北海道HTBの「水曜どうでしょう」がありますが、この番組は大泉洋さんだけに依存しているわけではなく、TEAM NACSという劇団で活動しているメンバーが道内のTVバラエティに出演したことで徐々に北海道から全国に向けて浸透していきました。誰かにカリスマ的な影響力があるのではなく、メンバー一人一人の実力もあるので、たとえ一人が長期離脱したとしても番組自体が消えることもないでしょうし、お互いに協力し合っていくこともできます。さらに、道内から新たな人気者を生み出すような形での進化も期待することができます。

地元の視聴者としては、「ピエール瀧のしょんないTV」が休止することで木曜深夜の楽しみが減るのは寂しいですが、そういった状況を含めて受け取め、新たな展開を待ちたいと思います。このままでは東京のテレビ局と比べて地域のテレビ局発の情報は埋もれ、なかなか全国に浸透しなくなってしまうと思いますので、関係者の方には全国に向けた面白いバラエティを作る心意気をぜひ見せていただきたいと切に思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA