大間のマグロ漁師・山本秀勝さん父子の絆 その時二男は?

今回の番組のテーマは「絆」ということでしたが、若手漁師の南さん兄弟とともに最後に登場したのは番組の看板スターで、視聴者の方でも「今回はマグロが釣れた?」とつい気にしてしまう悲運の漁師・山本秀勝さんとその息子の山本剛史さんがお二人で協力してマグロを揚げたことが理由になっていると思われます。

毎回、番組の取材中にマグロは揚がるのだろうかとハラハラしながら見るのがこのドキュメンタリーの面白さだと思うのですが、何と今回は取材中に三匹ものまぐろを山本秀勝さんは獲りました。しかし、見ているこちらが期待していたマグロが揚がったのを祝うための「スーパーのお寿司」での夕食は今回もありませんでした。山本さんの気持ちとしては50キロ台、60キロ台、70キロ台と3匹トータルで100キロを超えても意味はなく、一匹で100キロ超えのマグロを獲らないとスーパーのお寿司でのお祝いは無しということのようでしたが、ちょっとそこで気になることがないわけではありません。

スーパーのお寿司なら、お惣菜とお刺身を合わせて買うより安く上がるのでは? とつい余計な事を考えてしまいますが、その辺は山本さんなりのこだわりということで、次回こそ自宅で一緒に暮らす二男といっしょにお寿司を頬張る姿というものを見たいという気になるから不思議ですが、この山本さんと二男との関係は良好なのか? ということも気になるのです。

まあこういうことは、山本さん一家からすると余計なお世話にしかなりませんが、漁師として着実に成長している長男の山本剛史さんとの「絆」は、番組の後半に親子で協力して(電気ショッカーが壊れた山本秀勝さんの元に助け船としてやってきた息子の剛史さんとの漁の様子が紹介され、さらにスーパーのお寿司は買って来ないのに、二人で協力してマグロを揚げた日の夜に近所の女の人のいるスナックには行き(^^;)、そこで長男の話をはにかみながらする姿というものが実に微笑ましく描かれていると思います。しかし、山本さんのもう一人の息子である二男については、同居しているにも関わらずほんのわずかの出演場面しかなく、一応廃品回収の仕事をしているものの、その際の親子の会話も紹介されず、その点がとても気になりました。

一般的なことで言うと、毎日が博打のようなマグロ漁師の世界に、すでに家庭がありお子さんもいる中で飛び込んだ長男の方が無謀で心配すべき存在ではあるのですが、全て自分の釣果ではないにしても今年も取材中に195キロのマグロを揚げた長男の剛史さんは、近い将来には漁師として一本立ちし、家族を養って行けるのではないかという気もしますが、陸の仕事に就いて生活も安定するはずなのに父との同居を続けている二男が今後どうなっていくのかというのが本当に気がかりになってしまうのです。

今回の山本秀勝さんの姿についても、船の中に潜って自分で船を修理している時についバールに頭をぶつけてしまうなど、テレビ的な面白さを滲み出しているという感じがするのですが、それは決して山本さんがテレビカメラを前にしても意識しないでその場その場で一生懸命に漁師の仕事を行なっているからこそ出る面白さであると思います。果たして二男はそうした父親の姿を見てどう思っているのでしょうか。年齢的なことから父親の事を軽蔑したり莫迦にするような事もあるかも知れませんが、このシリーズに最初に登場してから視聴者の話題を一気にさらい、現在も山本さんが出るからこの番組を見るという人がいるのは、一生懸命な生きざまの中からにじみ出てくる自然な面白さというものが不変で、今なおその輝きを失っていないことの表われでもあるのです。

山本さんの飼い猫の「ピコ太郎」についても、その生存を確認し、山本さんの不安な心を癒やす存在であるところに見ていて本当に微笑ましく思いました。テレビスタッフが、「もし今年になって猫を飼いだしていたら『ひょっこりはん』になっていた?」と聞いていましたが、山本さんは「ひょっこりはんなんて猫の名前じゃねえ」と至極まっとうに答えていて、そんなきちんと常識があり取材にも正面から応える人間としての素朴さがひどくなつかしく、また次回があるとこの番組を見てしまうんだろうなと思います。

テレビ局の方でもこれだけ山本秀勝さんにおんぶにだっこして番組の人気が出ているのですから、テレビに出しても恥ずかしくないようテレビ局がお金を出して山本さんの前歯をきちんと入れさせてほしいということを最後にお願いしておきたいと思います。

(番組データ)

マグロに賭けた男たち2019“絆” テレビ朝日
2019/03/16 18:56 ~ 2019/03/16 20:54 (118分)
【ナレーション】渡辺篤史

(番組内容)

青森・大間が「記録的な不漁」あの“悲運の漁師”山本秀勝さんは千載一遇のマグロとの格闘で体力が限界になり…電気ショッカーも故障で絶体絶命!その時…あの男が現れる!

【山本秀勝さん(65歳)~悲運の漁師!息子に見せる親父の意地~】

番組が17年追い続けているマグロ一本釣り漁師。2年前には、4年ぶりとなる100キロ超えの大物マグロを釣り上げた。だが今シーズンの大間は記録的な不漁!マグロは1日に1度現れるかどうか…。

それでも、こだわりのポイントでマグロ漁を続ける山本さんに、マグロのアタリが来た!しかし、千載一遇のマグロとの格闘の最中、なんと電気ショッカーが故障!さらに、体力も限界になり、絶体絶命の大ピンチ!その時…『あの男』が現れる!

【南芳和さん(34歳)~大間トップを争う男!若手ナンバーワン漁師~】

南芳和さんは『若手ナンバーワン漁師』として、大間でも名の知れた兄弟船の船頭。昨シーズンは、弟・竜平さん(25歳)と共に連日何本ものマグロを釣り上げてみせた!しかし今シーズンの大間は記録的な不漁。『若手ナンバーワン』でも例外ではない。

苦境を打開すべく、これまであまりやらなかった『苦手な漁法』に挑戦し、悪戦苦闘!弟・竜平さんも、尊敬してやまない兄の力になりたいと奮闘!巨大マグロを釣り上げる!

【泉健志さん(32歳)~船頭6年目のスゴ腕マグロ漁師!~】

山本さんの長男・剛史さんの心に火をつけた後輩、『もうひとりのタケシ』。 かつて1日に4本のマグロを釣り上げるなど、マグロ漁の実力はベテランをも凌ぐ勢い。5年前はサラサラの長髪だったが、今ではヒゲを蓄え漁師らしい風貌になり気合十分!しかし今シーズンは極度の不漁。健志さんは1カ月もマグロを釣り上げていない…。

2歳になった可愛い盛りの娘のため、プライドと意地をかけ巨大マグロを釣り上げる!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA