AbemaTVの「通信節約モード」を賢く使う

今まで地上波放送こそがテレビだと思っていた人にとっても、元SMAPの三人が同じ元メンバーの森且行さんと会って話した「72時間テレビ」が注目を集めたテレビ朝日系の「AbemaTV」について興味が出てきた方もいるかも知れません。

AbemaTVはインターネットを使った放送なので、自宅や特定の野外でWi-Fiが使える場所でならほとんどテレビの画質くらいのクオリティで多くのチャンネルを見ることができます。ここでは公式ページに紹介のあるアプリを入れれば見られるチャンネルを以下に紹介します。

01.AbemaNewsチャンネル
02.AbemaSpecialチャンネル
03.AbemaSpecialチャンネル2
04.AbemaGOLDチャンネル
05.ドラマチャンネル
06.韓流・華流チャンネル
07.K WORLDチャンネル
08.REALITY SHOWチャンネル
09.MTV HITSチャンネル
10.Documentalyチャンネル
11.アニメ24チャンネル
12.深夜アニメチャンネル
13.なつかしアニメチャンネル
14.家族アニメチャンネル
15.新作TVアニメチャンネル
16.HIPHOPチャンネル
17.格闘チャンネル
18.SPORTSチャンネル
19.ゴルフチャンネル
20.釣りチャンネル
21.将棋チャンネル
22.麻雀チャンネル

何とこれだけのチャンネルがあり、常に新たな番組が流れています。有料会員になることで、見逃した番組をいつでも見られるようになる機能もありますが、そこまでAbemaTVにはまった段階で考えればいいでしょう。

個人的には好きなドラマやアニメ、テレビ朝日の本放送から少し遅れてテレビと同じ放送を流したり、逆にAbemaTVオリジナルの番組では決して地上波では流せないような過激な内容があったしりて、はまってしまう可能性は常にあると思われます。

そんなAbemaTVはスマホ用として始まったということもあり、家にいる時だけでなく野外でも楽しめるというのが最大のポイントなのですが、一つ問題があります。というのも、スマホを使っている方は一定の高速通信に使える容量が決まっていて、その量は3GBとか7GBというように月ごとに高速通信できる量を超えてしまうと、月末まで低速(大手キャリアの場合最大128kbps、格安SIMの多くは最大200kbps)という制限を受けてしまいます。

そこで、新たにAbemaTVではアプリの画質設定に新たに今までの最低画質(5時間で1GB消費)よりデータ通信量を抑えた「通信節約モード」を新設しました。

こちらのモードに変更すると10時間の視聴で1GBと、今までの最低画質での半分しかデータ量を消費しなくなります。つい毎月動画視聴でデータ容量を消費しがちという方にとっては、あえてこうしたモードでAbemaTVを見ることで、他の事にも高速クーポンを利用するようにもできるのでお得です。

また、格安SIMの中でも低速での安定感に定評のある「OCNモバイルONE」の一番安い「一日コース」であえて高速通信を使わずにこのAbemaTVアプリの「通信節約モード」を使えば、画質は荒くちょっと止まることはあるものの、何とか見られるレベルまで到達させることも可能です。この場合は、あえてAbemaTVを見る時だけ高速クーポン(専用アプリで高速と低速を切り替えることができます)を切って利用するのが毎日の高速クーポンを減らすことなく無制限にAbemaTVを見ることができるので、おすすめの方法です。

他の格安SIMでも同じようにできるものもあるかも知れませんが、「OCNモバイルONE」の場合はこちらで試しての結果なので、他の業者では満足に見られなかったりすることもあるかも知れません。もし実際に格安SIMを利用している方で、高速と低速を切り替えることのできるものを使っている場合には、一度低速にして見られるかどうか試してみるといいでしょう。

特にデータダウンロードの制限なく使えるような環境を整えることができれば、屋内屋外を問わず、いつでもどこでもAbemaTVを見られる状況ができるわけで、特に山の中などスマホのワンセグが使えないような場合には代替手段として使える可能性も出てくるわけです。

このようなテレビ媒体はちょっと前には技術的に不可能だったものの、今回のアプリのアップデートによってさらに多くの人達がAbemaTVから発信される番組を見て、その内容について議論するような状況が出てくればテレビ界の新しい波として期待するところが大きいと言えるでしょう。まだ経験されていない方がおられるようでしたら、ぜひ見たいテレビがない時間にでも試してみていただきたいです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA