東京オリンピックを外で見るためには事前対策が必要か

日本で開催された世界的なイベントの準決勝となれば、開催国の日本が出場しなくても大きな注目を浴びる試合であることに違いありません。試合の方は世界ランキング一位で今回の大会で三連覇を狙うニュージーランドに対する同世界二位のイングランドの気迫が上回ったという感じで、イングランドの快勝という結果になり大いに盛り上がったと思うのですが、事前に予定されていたデータに基づいた番組データのところを見ると、なぜだと問い掛けたい点が出てきます。

この試合の開始時間は17時で、前後半40分にハーフタイム10分という形で試合が行なわれます。試合途中にはビデオ判定をする場合や怪我をした選手が出た場合は審判が試合を止めますが、もし17時ちょうどに試合が始まった場合、18時44分までというタイムテーブルではロスタイムが全くなくても14分しか余裕がないことになって、試合終了までしっかり中継できなくなってしまうとも思われます。これでは、急遽BS1から地上波へと放送チャンネルを変更したということは評価できても、クレームの嵐がやってくる可能性も出てきます。

ただ、その点についてNHKでは対策を講じていて、総合チャンネルの18時44分からはサブチャンネルに中継を移行して19時まで放送しそこから定時のニュースにつなげるという方法で完全中継を実現しています。が、その画質はというとデジタルとは言え本放送の隙間を使うこともあっておせじにも綺麗とは言えません。この手法はメジャーリーグの延長放送ではおなじみの方法ですが、普段サブチャンネルを意識して見ることがない人にとっては自分でリモコン操作をしなければならないので、うまくチャンネルを変えられなかった方もいたのではないかとちょっと心配になります。

そして、今回のような世界的な大スポーツイベントの場合、自宅のテレビで見ないで外出先のスマホで見ていた人もいるかも知れません。試合時間も17時からということもあり、試合の様子をワンセグで見ていた人がいたとしたら、これはもう悲劇でしかありませんでした。

というのも、サブチャンネルが利用できるのはフルセグチューナーを搭載した機器だけで、家庭のテレビはフルセグ対応であるものの、スマホの中にはあえてフルセグチューナーを搭載せずワンセグチューナーしか付いていないスマホやガラケーでは、試合途中で中継が終了ということになってしまったということになります。

こうした国際的なスポーツイベントのクライマックスの試合で途中でフルセグ視聴前提のサブチャンネル放送を行なうということは、恐らく2020年の東京オリンピック中継でも同じことを行なおうと思っていると考えなければならないでしょう。ラグビーの試合は延長戦もなく、ある程度余裕を持った中継時間を確保すれば、長時間の中断のようなイレギュラーな事態が起こらなければ、まず問題なく試合をメインチャンネルだけで完全中継できると思います。東京オリンピックの種目にはそうはいかないものも多いため、たとえ日本選手が出場してメダルが決まるような試合であっても肝心なクライマックスをサブチャンネルに移動されて画質の悪さに幻滅したり、ワンセグしか写らない端末で中継が中断されて泣くに泣けないような状況というのも大いに考えられます。

それとも、ネットを通じてライブ配信を積極的に行なってくれるのかという考えがあるのかとも思えます。データ通信の場合、ご利用の通信会社との契約によっては動画を気軽に見られないこともありますが、それでも一定の安定した速度が出たらチューナーが付いていないiPhoneでもスポーツ中継を楽しめるので、このような中継手法をNHKが東京オリンピックでも行なうなら、一部のユーザーはさらにテレビから離れるきっかけを作ってしまう可能性すらあると思っています。

さらに、もし今回の試合に日本が出ていた場合、NHKは今回と同じように試合終盤になってサブチャンネルでのリレー中継を決断したか? という疑問もあります。日本戦の途中でサブチャンネルを見られなかった人が多数出たら、それ自体はNHKの失態ではないにしても、何らかの批判の声は高まることが考えられます。そうなると、それを回避するためにサブチャンネルに移行しないで放送し続けたかも知れません。しかし、東京オリンピックでは日本選手の出場する注目に値する試合が多くある中で、オリンピックもニュースも伝えたいということになると、どうしてもサブチャンネルを活用しなければならないことは必ずあるでしょう。

ユーザー側の対策としては、TVチューナー付きのスマホを購入する際にはワンセグ・フルセグの有無を確認して、できればフルセグチューナー付きの製品を選ぶとか、ネット配信で見られると思っている方は、改めて今のスマホのデータプランを動画がストレスなく長時間見られるものに変更するとか、いざ外で見ていたら肝心のメダルの瞬間を見られなくなる恐れを消すための工夫が必要になるでしょう。

(番組データ)

ラグビーワールドカップ2019 準決勝「イングランド」対「ニュージーランド」NHK総合
2019/10/26 (土) 16:40 ~ 18:44 (124分)
【解説】廣瀬俊朗,
【アナウンサー】伊藤慶太,
【スタジオ解説】五郎丸歩,
【スタジオアナウンサー】酒匂飛翔,中川安奈

(番組内容)

エディーHC率いるイングランド対3連覇を目指す王者ニュージーランドの戦い▽意地とプライドを賭けた激闘に注目!▽ゲスト五郎丸歩
(試合開始 17:00)
【解説】廣瀬俊朗,
【アナウンサー】伊藤慶太,
【スタジオ解説】五郎丸歩,
【スタジオアナウンサー】酒匂飛翔,中川安奈
~横浜国際総合競技場から中継~
<中断>ハーフタイムに [字]ニュース(約3分)
[6:44-(7:00)総合2で放送継続]


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA