ジャーナリズムを商業主義にかけるとドキュメンタリーは消える?

シリアに入ったまま行方不明になり、現地の武装集団の人質となったものの先日日本に帰国した国際ジャーナリストの安田純平氏について、本人がまだ記者会見をする前のインタビュー内容が明らかになるとともに、安田氏に対する一部のネットでのバッシングが始まりました。それを擁護するような形でテレビ番組内で発言したテレビ朝日の玉川徹氏の放った言葉の内容に、同じテレビ朝日系列でネット配信をしているAbemaTVで自らの冠番組を持っている元大阪市長で元大阪府知事の橋下徹氏が画面を通じて「徹底討論」をしたのですが、直接相対したのではなく、橋本氏は大阪のスタジオからの「中継による討論」となりました。

ここでの内容は他のメディアでも大いに語られていますので細かくは書きませんが、そこまで噛みつき合いになることはなく、お互いに言いたい事および釈明はきちんとしたような印象です。どちらにしても本人の発言がない状況で他人がとやかく言うことが大きなお世話であるわけですが、その「大きなお世話」をこれでもかと繰り返すのがテレビというものだと思いながら見ると、こうした討論も結構楽しいものです。

今回の討論を前にしてお二人はそれなりに考えが同じところもあったものの、決定的に違うという風に思ったのが、大企業のテレビ朝日社員という立場である玉川氏という立場からでは単なるポーズにしか過ぎないかも知れませんが、バッシングされるジャーナリストに比較的優しいのが玉川氏で、橋下氏の方は必ずしもそうではなく、ジャーナリストなら今までのニュースでは出て来ないような成果がなければ駄目だという、これもまた首長当時の考えに基づいた成果主義をフリージャーナリストである安田氏に求めている彼らしい言動でありました。

ただ、テレビの視聴率と番組のジャンルということで考えてみると、ジャーナリズムに成果主義をあてはめてしまうと、今回のような派手な議論は面白いので多くの人は見るでしょうが、長い時間かけて地味なテーマを追うようなドキュメンタリーというのは同じ時間に放送すれば視聴率が取れないのが当り前で、それは現在のテレビの番組表を見れば一目瞭然です。視聴率にとらわれない枠を持っているNHKこそ自由に多くの時間を費やせるところはありますが、そこにはフリージャーナリストの入る隙間はほとんどないでしょう。民放のドキュメンタリーが独立採算のような形で評価されれば今の深夜早朝の時間すら放送ができず、「テレビショッピンク」の方がテレビ局の売上を伸ばし収益に貢献する番組になることは明白です。

たとえ深夜や早朝でも現代の視聴者は録画で好きな時間に番組を見ることができますので、各テレビ局がドキュメンタリーを残しているのは一つの良心だと思っているのですが、常に普通のニュースでは報道されない特ダネを求められるようなドキュメンタリー製作の現場になってしまうようなら、それはもう、テレビの持つ一つのジャンルを放棄してしまうのではないかと私には思えます。

とどのつまりがフリーのジャーナリストの仕事の場が一つ無くなってしまうことになるわけです。橋下氏は番組の最後に「テレビ局はフリージャーナリストに高額の報酬を払うべきだ」との意見を述べておられましたが、橋下氏の理想が実現されればそもそも活動の場が無くなってしまうわけですから、テレビ局に臨時職員として雇われて海外に行くような形になるのかも知れません。確かにその方が現地での安全は確保されるでしょうが、「普通のニュースでは見られないようなスクープ」を取ることは難しくなるでしょう。

そうなると、今後は個人で活動する海外ジャーナリストは早めにテレビに見切りを付け、現地からのネット配信を有料で行なうとか、テレビとは違うところで取材費用を得るか、事前にアルバイトをして資金をためてから渡航するかという感じになり、今よりさらに状況は悪くなっていくでしょう。

ともあれ、現場を知らない人が意見を出してフリージャーナリストの存在そのものがおびやかされ、テレビのジャンルとしての「ドキュメンタリー」がこれ以上削られないように見ているこちらとしては祈るしかないのかも知れません。

(番組データ)

羽鳥慎一モーニングショー テレビ朝日
11/1 (木) 8:00 ~ 9:55 (115分)
【司会】 羽鳥慎一
【アシスタント】 宇賀なつみ(テレビ朝日アナウンサー)
【コメンテーター】 高木美保(タレント)、玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)
【対談ゲスト】橋下徹(弁護士)

(番組内容)

橋下徹氏が生出演!「英雄視は違う」玉川徹と自己責任を議論
▼中国“パクリ”無印良品が「本家」を訴え…なんと勝訴
▼ハロウィーン渋谷で火災
▼「バズる」が辞典に


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA