通販番組と遜色のない「住まい・暮らし バラエティ番組」がある?

これからの話を書く前に、一番下にある(番組データ)と(番組内容)をよくご覧になって下さい。基本的にはインターネット上にあるテレビ番組表の表記に準じてテレビ番組を紹介しているのですが、これだけ見ると、普通のお安い宿を紹介する旅行バラエティ番組のように思えます。

しかし、不審に思えることもあります。まず、他のバラエティでは必ず掲載のある出演タレント(この番組では「番組リポーター」と称する女性が出演しています)について、どこにも出演者の表記がありません。どんなゲスなリポーターであっても、自分を売り込むために名前くらいはテロップで出すはずなのにと思いつつ、番組を見ていったところ、この番組の正体がわかりました。

ちなみに、1泊2食付きで泊まれるというのは平日に限られていますし、料金も5,900円と、5千円台ぎりぎりです。土日や祝日に泊まりたい場合は当然ながら宿泊料はアップしますので、その点も考えておかないとまずはいけません。しかし、こういった手法は地上波民放の激安宿の紹介でも行なっていますし、この表記については嘘ではないので問題はないでしょう。しかし、私自身が問題にしたいことがこの番組にはあります。

宿の内容や食事を紹介した後で、どうしてこんな安い価格で泊まれるのかという事が明らかになるのですが、それは「セラヴィリゾート泉郷」というリゾートクラブの会員になった人だけがその価格で利用できるという事で、番組の目的は視聴者にリゾートクラブの内容を説明する全編そのリゾートクラブの宣伝に終始した番組だったのでありました。

こういう手法は、新聞にも「記事のような宣伝」というものがあることからわかるように、テレビでも使われている手法なのかも知れません。しかし、今では通販専門チャンネルなどもあり、通販番組とわかっていても見る層もあるので、あえてリゾートクラブの会員勧誘であることを隠したような番組にしなくても、番組の概要にも特定のリゾートクラブ紹介という宣伝の番組であることを明らかにした上で放送した方が良いのではないかと私自身は思ってしまいますね。

これはあくまで個人的な見解ですが、全国津々浦々を旅したいと思うなら、特定のリゾートクラブに入会すると、いくら宿泊費が安くても全国のどこでも会員なら安く泊まれるというものでなければ、別の方法でこうした施設を使い、気に入ってどうしても会員になってさらに安く利用したいと思ったら加入するのがいいと思います。

体験宿泊という手段を選んだ場合、一度利用した場合の勧誘が気になる方もいると思いますので、そうでなく他の予約の取り方で安く泊まれる方法があります。それは、私が知っている中では「日本自動車連盟JAF」が行なっている会員への宿泊斡旋です。JAFはこの番組の提供に近いくらいに宣伝に関与していると思われる「セラヴィリゾート泉郷」や他のホテルチェーンにおいて法人会員になっているので、すでにJAFの会員であればネットからログインしてホテル予約のページへ行くと、改めてJAF会員が各種ホテルチェーンやリゾートクラブが運営する宿泊施設に安く泊まれるプランについて具体的に説明しているページがあります。

そこから予約をした場合、この番組で紹介されていたホテルの場合、平日の素泊りで6千円くらい、基本的な洋食が+3,500円くらいで利用できるようですので(季節や状況によって上下する可能性はありますので、あくまで参考としてお考え下さい)、まずはこうした方法で実際に泊まってみてから判断しても遅くはないでしょう。

ちなみに、JAFの年会費は4000円です。この書き込み自体JAFの回し者が書いているわけではないので(^^;)、こうした書き方が気に入らなければ全く割引のない状態で泊まってみるのもいいでしょう。どちらにしても、ビジターにどのようなサービスを提供してくれるかというのがリゾート会員としてその組織がこれから発展して泊まれる場所が増えるのかそうではないのかの分かれ道になりますので、テレビの内容だけを鵜呑みにしないで慎重に選択するのがいいと思われます。

それにしても、宣伝に限りなく近い番組なら、もう少しわかるように書いてくれないと誤解をする視聴者も出るかも知れません。こうした裏切られ感というのは、そのままBS放送というブランドの価値を下げる方向にもつながってくるかも知れませんし、バラエティとして分類されている番組というのは決して宣伝に終始しないような番組の作り方をして欲しいと強く思います。

(番組データ)

1泊2食付き5000円台!?コスパ抜群賢いリゾートライフ術! BS12 トゥエルビ
11/6 (月) 21:00 ~ 21:30

(番組内容)

1泊2食付き5千円代のリゾートホテルがあると聞き、番組リポーターは伊豆高原と鳥羽へ。お料理の内容、客室や温泉露天風呂の広さ、是非、その目でお確かめください!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA