地方局発の人気バラエティが一極集中を防ぐ

テレビ放送がネットで常時同時放送されるという話も出る中、全国にある地方テレビ局はどのように生き残っていくのか? という問題の一つの答えが、北海道のHTBが全国展開した「水曜どうでしょう」を始めとするTEAM NACSのメンバーを全面に押し出し、各北海道内の民放が独自番組を自前で作るというものです。

そうした全国区になる地方発の人気バラエティ番組が生まれるというのは、少し前なら考えもできなかったことで、当時は夕方の情報番組こそ地方各局が独自に作っていたものの、バラエティ番組を地方局が制作する場合、普通は東京で活躍する全国的にも認知度のあるタレントを呼んできて局の女性アナウンサーと組ませて地元の旅番組をするくらいがせいぜいだったのが、当時は全く東京へ進出するようなことも考えられなかった若手の舞台俳優を深夜番組の主役に抜擢し、出演者やスタッフも楽しんでいるような番組を作ったことで、それが他の地方にも受けたのです。

その番組を全国のテレビ局に買ってもらったり、さらに北海道で放送している内容とかなりずれて放送されている地域に向けて、かなり早いうちから有料のネット配信を行ない、その売上げは上々だったということです。さらに遅れて来た番組ファンのために、過去の番組をそのままDVDにしたものを、通常の流通で扱わず、コンビニ経由で事前予約をしてから売り出したりして、かなりの確実な儲けを出したのではないかと推測します。

少なくともこうした番組を地元民が見ているうちは、いくら東京の放送局がネットで見られることになったとしても、安易に視聴者はネットに流れないでしょう。改めて時代の変化の中、地域性ということだけでなく、東京の放送局とは違うアプローチで人気番組を作ることが地方局生き残りのためには大切ではないかと思います。

しかし、地方の他局が北海道の手法をそのまま真似ることはできませんし、番組を制作しても見て面白い番組でなければ意味がありません。ご当地だけで笑えるネタのみでは他の地域に番組を売ることはできません。そんな中、静岡朝日テレビ制作の「ピエール瀧のしょんないTV」も「水曜どうでしょう」までは行かないものの、今では全国のテレビで多少見られるようになるほど注目を集めています。ネット局は後追いになるため、リアルタイムに見られるのは静岡県のみというローカルな話題だということもあるので、まずは番組のメインである「ピエール瀧」さんとは一体何者か? というところから説明していきたいと思います。

今ではNHKの朝ドラやビートたけしさんの映画などでも主要な役で出演するなど、面白いだけでなくシリアスな芝居もできる役者というイメージが付いているピエール瀧さんですが、元々はメジャーデビューして様々な音楽番組にも出演している「電気グルーヴ」の結成当時からのメンバーとして、そのステージパフォーマンスには定評がありました。今では星野源さんや朝ドラで瀧さんと共演もしていた浜野謙太さんなど、ミュージシャンであり俳優という方がかなり活躍しているという事があるのですが、ピエール瀧さんの場合はそうした方とは決定的に違う部分があります。

というのも静岡県内で過ごした高校時代から付き合いがあり、一緒にバンド活動を行なっていた石野卓球さんがそれまでやっていた地元の友人を中心に集まったインディーズバンドの活動を止めて新たに「電気グルーヴ」を作る時に、唯一誘ったのが当時楽器ができなかった瀧さんであったのだそうです。電気グルーヴの音は基本的にコンピューターソフトによる打ち込み(自動演奏)であることもあり、とにかくステージではじけることのできるパワーを持った瀧さんに白羽の矢を立てたのでしょう。

電気グルーヴはあれよあれよという間に人気が出てメジャーデビューにこぎつけ、さらにその面白さをライブを見たことのない多くの人達に知らしめたのが、石野卓球さんとピエール瀧さんが二人でパーソナリティを務めたニッポン放送のオールナイトニッポンに起用されたことでした。当初はユーミンの後の土曜の2部だったものの当時のとんねるずから引き継ぐ形で火曜1部に昇格し、今でもその面白さについて語られる事も多くなっています。

ですから、ピエール瀧さんの面白さというのは、学生時代からのセンスももちろんあるとは思いますが、電気グルーヴとしてのライブやラジオでの喋りを通して鍛えられた一代限りの叩き上げの芸と言えないこともありません。さらに、彼らの活動が全国的に面白いと評価されたことについて、いわゆるお笑いの本場ということでもない単なる田舎の学校生活や友達同士のバカ話をラジオで喋っていても、受けるものは受けるのだという想いをラジオで人気があった頃から私は持っていました。つまり、日本全国どこで生まれて育ったとしても面白い人は面白いですし、そういう人材を地域で育てることができれば、静岡だろうと北海道だろうと全国区へ出しても十分通用するものが作れるのではないかということです。

しばらくは東京を中心にして電気グルーヴとして活動していたピエール瀧さんでしたが、オールナイトニッポン終了後には私的にはその動向は音楽番組での演奏くらいでしかその活動を確認できなかったのですが、唐突にオールナイトニッポンの時に構成をしていた静岡時代の仲間である椎名基樹さんをスタッフに加えて2010年10月から放送が開始されたのが「ピエール瀧のしょんないTV」だったというわけです。

オールナイトニッポンは収録でなく生でやられていましたし、ライブ自体は生ですので、そうした状況で鍛えられていることもあり、特にピエール瀧さんには共演者いじりのうまさを感じることが多いのですが、この番組を支えてきたもう一つの個性が静岡朝日テレビアナウンサーの広瀬麻知子さんです。

当時彼女は入社したての新人アナウンサーで、テレビ局としては同期入社で後に東京へ仕事の場を移した(セント・フォース)牧野結美アナウンサーとどちらをピエール瀧さんと番組をやるアシスタントとして起用するか二択の中、局側が広瀬さんを選んだというのが彼女らの人生の転機になったような感じが今ではします。彼女は千葉県の出身で静岡県とは何のつながりもありませんが、きっちりその場を仕切るような感じではなく、収録中もぼーっとしていて瀧さんにつっこまれるほどおっとりしている部分と、いざ何かをやらされるような状況になっても本気で取り組むような明るさと真面目さが同居していて、静岡県人的なパーソナリティを持っているのでは? と思える不思議なアナウンサーです。そんな広瀬さんはピエール瀧さんにとっては扱いやすく、番組のマスコット的な存在として二人のコンビがうまく回転していく中、番組自体の人気も出てきたように思います。

そうして「しょんないTV」が地方の放送局に売れて各地て見られるようになる中、広瀬アナウンサーは地元の期待を背負って単身でテレビ朝日の「アメトーーク!」に出演したこともありましたが、やはりというかその魅力をアメトーーク!の中では発揮することはできませんでした。あくまでピエール瀧さんと一緒に番組をやる中で欠くことのできない存在であるということ認識を新たにされることで、彼女自身もその後身の丈をわきまえて努力をし、番組自体がマンネリに陥ることにもならずにここまで続いてきています。

番組の内容はたまには静岡県外へ出ることもありますが、ほとんどが静岡県内でロケをして地元の人たちとからむという、あまり全国的な基準で見ても情報的には得られないのではないかとも思うのですが、ピエール瀧さん自体が全国区で顔が売れているということと、いいコンビの広瀬アナやゲスト、ロケ先で出会った人をいじって笑いを導くことがうまいということと、まだ知名度はないものの面白い出演者を選ぶスタッフの力もあるのではないかと思います。思い出したように出てくる元・電気グルーヴメンバーの砂原良徳さんや、元々は地元が静岡県ということで出場していたピン芸人のハリウッドザコシショウも何回か出場しているうちにすっかりその魅力が引き出され、今では準レギュラー扱いになるなど恐らく番組のファンなら彼がR-1グランプリで優勝する前からその面白さに気付いていたと思われます。

今回は年末特番ということでこの一年の放送を紹介しながら振り返るという内容なので、あえてこの内容に感想を語ることもないのですが(^^;)、番組が始まってから丸7年というのですからよく続いていると思いますし、今後ピエール瀧さんがテレビで露出度を増やせば、さらに面白い展開も出てくるように思います。番組の公式ページによると、静岡県を除く全国の14局でも見ることができているようです。元々全国進出の戦略を練って作られた番組ではないと思うので、「水曜どうでしょう」のように爆発的な人気になることはないとは思いますが、単に地元愛にあふれた一人よがりの番組ではなく、出演者やスタッフが面白がりながらやっている番組として、見る機会がありましたらとりあえず最後まで見ていただきたい番組であると思っています。

今回はあえて私の住む静岡県での事例を紹介させていただきましたが、全国の他の地方のテレビ局も、もっと地元の面白い人や、地元から巣立って全国で活躍している人を呼び戻す形で東京にはない新たな番組作りに挑戦していただきたいと思います。特に地方からテレビを見ていると、どうしても地方民にとってはわからない東京周辺の範囲の狭いネタで盛り上がっているだけのバラエティを購入して放送している地方局もあるので(実際行こうと思っても放送している地方によってはそのお店に簡単には行けませんし、放送時期がずれているとテレビに出ていた特典が終了していることもしょっちゅうです)、それならその空いた時間に自社制作の番組をぶつけてもっとテレビ局が主導して地元を盛り上げるような事があってもいいのではないかと思うのです。特に東京に行くのがなかなか難しいような地域の場合は、多くのチャンスに恵れていると思うのですが。

(番組データ)

ピエール瀧のしょんないTV 年末1時間SP今年のしょんない瞬間一挙大公開スペシャル 静岡朝日テレビ
12/22 (金) 0:20 ~ 1:15 (55分)
【出演】ピエール瀧、広瀬麻知子(あさひテレビアナウンサー)

(番組内容)

しょんないことに真実がある!「くだらないけどどこか許せる」「取るに足らないけど、どこか愛嬌があって憎めない」そんな“愛すべきくだらなさ”『しょんない』を追求する番組です。

なんだかんだ色々あった、この1年間を総ざらい!今年も大胆に「ピエール瀧のしょんないTV」1時間スペシャルを放送しちゃいます。気になる「瞬間最高占拠率ランキング」や「瀧さんの○○映像」、「広瀬アナの2017年」などなど、貴重な映像を一挙大公開!! 果たして、あなたが選ぶ”しょんない名場面”はノミネートされているのか…さぁ皆さん、これを見て、ゆる~く年の瀬を迎えちゃおう!


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA