「細かすぎて伝わらないモノマネ」を演者と関係ない所で潰すな

まずは、ユーチューブにアップされている以下の動画を視聴環境のある方はぜひご覧頂きたいと思います。

これは、私の住む静岡県のエリアにしているスーパーチェーン「ヒバリヤ」のテレビコマーシャルなのですが、最後に出てくる店員さんは実は本物ではなく、お笑いコンビ「アップダウン」の阿部浩貴さんで、コマーシャルソングを歌っている相方の竹森巧さんとともに、スーパーのビーアールに一役買っているというわけです。

なぜ地方の一介のスーパーのコマーシャルにこの二人が抜擢されたのでしょうか。別にこの二人は地元出身なわけでも、吉本興業でよくある全国各地の地元で活動していたわけでも、静岡県で局地的な人気があったわけでもありません。

それは、過去に放送された「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」で映像の最後に出てきた阿部浩貴さんが経堂駅前のコンビニの店員のモノマネ(「いらっしゃいませ」が「エアロスミス」に聞こえる)をやって見事に優勝し、そこで知名度が一気に上がったため、今回のコマーシャルでは実際に音楽活動をしていて楽曲のクオリティも相当高い相方の竹森巧さんに音楽を依頼してのコマーシャル製作になったということになります。これは地方のコマーシャルとしてはかなり出来がいいのではないかと思っていて、特に竹森さんのCMソングの出来映えに感心するのですが、それもこれも阿部浩貴さんの「エアロスミス」のネタで全国的な知名度を獲得したことが素地になっています。

こんな話から始めましたが、この「細かすぎて伝わらないモノマネ」の番組というのは、単にとんねるずの冠番組という枠を越えて、多くの人が今もユーチューブで見ても楽しめる、テレビや動画の視聴に適した画期的な企画のように私個人は考えています。いわゆる若手芸人の「ネタ見せ」番組よりも短い間に笑いを取る一発芸の才能が求められますし、こうした一発ネタを複数持っていれば、困ったらそうしたネタでつないでもテレビではそれ見たさについつい見てしまうということにもなるので、今後テレビで人気者になりたいという人はプロ・素人問わずに新たに「細かすぎて伝わらないモノマネ」に出られるだけの一発芸を開発し、その面白さをテレビを見ている人に伝えたいと思っているに違いありません。

実はこの番組の放送前に、ある一つの番組に関する話題がありました。今回の番組にとんねるずの木梨憲武さん、くりいむしちゅーの有田哲平さん、そして関根勤さんが出演されないのは、フジテレビのスタッフが元々とんねるずの冠番組の一コーナーであった企画だけを一つの番組にするのは、「終了した番組の1コーナーをそれだけ切り取って復活させるのはおかしい」と木梨さんが異を唱えて出演オファーを断り、それに有田さんと関根さんも同調したというのですが、細かいところでこの話が本当なのかどうかは良くわかりません。

これはあくまでテレビを見て楽しみたいという立場で書き連ねているブログですから、そうした出演者とスタッフとの間でのドロドロしたくだりには全く興味はなく、短い時間で多くの練られた細かいネタを見せてくれ、さらに東京や大阪など現地の会場に行かないと見られないような人達がテレビで見られるという機会を潰さないで欲しいとただただ思うのです。

確かに自分の番組で皆で作ってきたコーナーを横取りされるような気分で今回出なかった人達は出演拒否をしたのかも知れませんが、それではこの日に出演した多くの無名の出演者たちがテレビに出る機会を奪ってしまうことにも繋がりかねません。今回は特番が放送されたことで、「とんねるずの二人に亀裂か?」というような騒ぎになってしまいましたが、別に今回出演拒否したとされる人がいなくても十分盛り上がりましたし、視聴者の興味はもはやテレビから動画の世界に移りつつあることを考えると、こうした良質な企画というのは番組の終焉とともに葬り去るかのような考えというのはテレビにとってどうなのでしょう?

番組内では「一夜限り」という言葉も出ていたようですが、単にこの番組はフジテレビの視聴率のためだけではなく、若手芸人の登竜門としてのものだけでもなく、まだ私たちが見る機会のない未知の才能の発掘場所として、最初に紹介したような地方のテレビ局やクライアントが注目していることも忘れないでいただきたいものです。

(番組データ)

土曜プレミアム・ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ フジテレビ
2018/11/24 21:00 ~ 2018/11/24 23:10 (130分)
【出演者】石橋貴明  バナナマン  今田美桜  細かすぎて伝わらない芸人の皆様
【演出】 鈴木靖広
【チーフプロデューサー】 太田一平

(番組内容)

今宵アノ名物爆笑企画が一夜限りSP番組化!全国巨大オーディション選抜の総勢122名、おなじみ大人気常連&驚異の新人大量参戦で今田美桜も笑いっ放しの超豪華版

あまりに「細かすぎる」が故に、笑いにはなりにくいと思われてきたマニアックなモノマネや、アンダーグラウンドな芸にも光を当て、お笑い芸人、モノマネ芸人の登竜門ともいえる存在にもなった人気企画『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』。  今回、視聴者の皆様からの熱い要望に応えるべく、出演者の1人であった石橋貴明主宰で、フレッシュな顔ぶれも新たに加わり、まったく新しい番組として2時間超えのスペシャルが実現しました。延べ3カ月に及ぶ厳しい全国一大オーディションを勝ち上がってきたのは、おなじみのベテランモノマネ芸人から新人まで、総勢およそ50組。常連出演者が安定した“鉄板”芸を見せる一方で、新人がまったく予想もつかないシュールなモノマネを展開するなど爆笑の連続。果たしてファイナリストに残り、優勝を勝ち取るのは円熟のベテラン芸人か?新しい笑いを作り出すニューカマーか?


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA