ヒット曲がないロッカーはなぜカリスマたりえたのか

世間ではまだ樹木希林さんの亡くなったショックは続いているような感じで、ようやく夫である内田裕也さんのコメントが報道されたような状況です。今後樹木希林さんを追悼する番組が多く流れることになるかと思いますが、個人的には全国ネットで今回紹介する「転がる魂」を放送してくれないかなと思います。

このブログでは少々掟破りになるかも知れませんが、今回たまたま番組を録画された方にお願いして前・後編をまとめて見せてもらうことができました。ただ、録画したものはテレビの大画面で見たので、東京の方々から少し時間を置くことになってしまいましたが、本番組のナレーションと、実際に出演もされている樹木希林さんの語る内田裕也さんについて感じたことなどを書いていきたいと思います。

番組では内田裕也さんに密着していますが、そうして密着したのは映画監督の崔洋一さんで、その様子はたびたび出てきます。内田さん自身がちょっとしたことで感情の変化が激しく、何とか穏便に怒りをやり過ごし、番組として成立させるためにかなり気を遣われているという感じがひしひしと伝わってきました。常に傍らに付いているマネージャーの女性の態度はそうした内田裕也さんの気質を当然知り尽くしているでしょうから、ぞんざいな言葉遣いになることはあるものの、その奥にある尊敬の念が感じられ、心なしか樹木希林さんの心情とシンクロする部分もあるのではないかとすら思いました。ステージに立っていない素の内田裕也さんは、やはり体の衰えもあり年相応に見えてしまう一瞬もありましたが、しかし只の78才ではない迫力も併せ持っていました。

番組の中で印象的な一言としては、

「ヒット曲が何もなくてやってきたなんてすごいな」

という言葉があります。これは、ネットなどでも内田裕也さんをディスる際に出てくる言葉の一つではありますが、この事についても番組内で生い立ちの話などを聞いていると、さもありなんと思えるところがあります。元々関西のジャズ喫茶のステージに出て歌っていた時は、ご自身でも練習などほとんど若い頃はしなかったと言っていましたし、東京へ出てあの渡辺プロダクションと契約し、さらに後にグループサウンズの大スターになるザ・タイガースと行動をともにしながら、その渡辺プロダクションから沢田研二らザ・タイガースのメンバーから引き離されるなど、ヒット曲を出す以前にプロダクションとうまくやれないような気質ではなかなかプロデュースしてもらえなかったというのが正直なところではないでしょうか。

個人的にはヒット曲があるから何だという感じもしてしまいます。例えば、過去の大ヒット曲をカバーして歌ってそれが代表曲だと思われてしまうのは特に内田裕也さんにとってはあるでしょうし、「売れた曲=いい曲」でもないわけですから、自分の好きな歌を思い切り歌ってファンが熱狂するなら、それはそれでいいのではないかと思います。

というか、それ以上に内田裕也さんはその行動力とプロデュース力をいかんなく発揮して日本のロックシーンで欠くことのできない存在になっていくと同時に、多くのメディアに出現していきます。そんな中で、やはり音楽と同じくらい大きな印象を残したのが映画の世界での活躍だったと言えるでしょう。

実は、このドキュメンタリーの中で一番の不満がある点が、内田裕也さんの映画の中では代表作として、メガホンを取った滝田洋二郎監督にインタビューをしているのにその映画「コミック雑誌なんかいらない!」をほとんど紹介しなかったことです。この題名は元々、番組にも登場したPANTAさんが頭脳警察の活動をしていた70年代に出した「頭脳警察2」に入っている同名のナンバーから題名を拝借したものですが、この歌の世界をテレビのワイドショーの世界に移し、自身が芸能リポーターの役で出演した、ある意味このようなテレビに関するブログなど読まずにこの映画を見た方がテレビのバカバカしさがわかるのではないかと今でも思える秀作だと思います。

また、楽曲の「コミック雑誌なんかいらない!」については、内田裕也さんが東京都知事選挙に出馬した際に政見放送の最後に内田さん自らがアカペラで歌い、多くの人の印象に残っている楽曲であったので、この曲が番組の中で一度も鳴らなかったというのは、崔洋一さんが監督をしたからなのかと思ったりもします。

この番組では、樹木希林さんがナレーションを付けつつもインタビューに答える形で出演していて、内田裕也の歌う「朝日のあたる家」についての想いも語っています。こちらの方はしっかりと本人が歌っている様子が流れたのですが、浅川マキやちあきなおみの歌う「朝日のあたる家」も好きですが、やはり樹木希林さんが好まれるのももっともな感じもします。

話をヒット曲と内田裕也さんとの関係に戻しますが、自作自演の曲をヒットさせるのが偉いという前提で言うと、「ヒット曲も書けないくせに」といってディスる理由になるとは思いますが、過去には明らかに盗作であるのにさも自分が一人で考えたような体で出した曲がヒットしたことで盗作騒動に巻き込まれ、後に作詞作曲のクレジットを変えなくてはならなくなったシンガーソングライターもいるわけです。今回の樹木希林さんの遺言のような「朝日のあたる家」や、「コミック雑誌なんかいらない!」はどちらも内田さんのために最初から書かれた曲ではありませんが、ロックの魂を込めて様々な活動をくりひろげる中で自分の歌として成立してしまった紛れもない内田裕也さんの代表曲であると思います。

そんな楽曲がヒットしようとしなかろうと、それは問題ではないのです。番組にはありし日のジョー山中さんもインタビューされた様子が放送され、コンサートで曲を歌う場面が出てきましたが、それが「人間の証明のテーマ」であり、多くの人はジョー山中さんと言うと映画「人間の証明」から抜け出すことができなくなっていることも同時に感じるのです。実はそうでない活動の方が多いにも関わらず、ヒット曲の呪縛で身動きが取れなくなるような状況は内田裕也さんは望まなかったはずですし、逆にヒット曲がなかったからこそ、「ロックンロール」とともにある人生を今まで送って来られたのではないかと強く思いました。

今年は紅白は見なくても、「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」はぜひ見たいと番組を見て思いましたし、フジテレビでもBSフジでも紅白にぶつけて生放送してくれないかなあと思います。

(番組内容)

ザ・ノンフィクション 転がる魂 内田裕也 前編・後編
前編 2018/07/29 14:00 ~ 2018/07/29 14:55 (55分)
後編 2018/08/05 14:00 ~ 2018/08/05 14:55 (55分)
【出演者】内田裕也 樹木希林 崔洋一 竹中直人 仲野茂(アナーキー) 本木雅弘 PANTA(頭脳警察) 近田春夫 内田也哉子 鮎川誠(シーナ&ザ・ロケッツ) ビートたけし ジョー山中 山中ひかり(ジョー山中の長男) 山中マイ(ジョー山中の長女) 石間秀樹(フラワー・トラヴェリン・バンド) 篠原信彦(フラワー・トラヴェリン・バンド) 佐川満男 上条英男(芸能プロデューサー) 田川譲二 岸部一徳 滝田洋二郎(映画監督) トルーマン・カポーティ 秋元康 HIRO 中村獅童
【語り】 樹木希林
【チーフプロデューサー】 張江泰之
【プロデューサー】 石川剛
【監督】 崔洋一
【制作協力】 NEXTEP
【制作著作】 フジテレビ
【エンディング・テーマ曲】 〈曲名〉サンサーラ  〈作曲〉山口卓馬  〈編曲〉YANAGIMAN  〈歌〉宮田悟志

(番組内容)

【前編】主人公はお茶の間を賑わす内田裕也▽78歳で人生初密着▽脱水症状で入院それでも‥▽モックン家族が見守る中‥怒りあらわに何故?▽そして故郷へ‥語り始めた本音

主人公は、内田裕也、78歳。現役のロックンローラーである。 去年の暮れ、今もライフワークとしてステージに立ち続ける「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」が、記念すべき45回の節目を迎えた。番組では、最後の力を振り絞りながら、ロックフェスに取り組む内田裕也の1年間に密着しながら、波乱と矛盾に満ちた人生を振り返る。 去年は、脱水症状での入院など、78歳の内田は数々の逆境に襲われるも、バラエティ番組の収録やCM撮影などを精力的にこなしてきた。そんなある日、内田は、生い立ちを振り返る旅に出る。 大阪の資産家に生まれ育ちながらも没落し、高校を中退。エルヴィス・プレスリーに衝撃を受けてロカビリーに目覚めバンドデビュー。ウェスタンカーニバルに憧れて渡辺プロに所属するも、もめ事が絶えない反抗児だった。そして、そこから転がる魂の音楽人生が始まる。

内田の日常に迫るのは、40年来の親交がある映画監督・崔洋一。カメラは、内田の日常、リハーサルなどに密着。 取材時間は、実に300時間にも及んだ。 番組では、テレビ史上初、いまだにお茶の間を賑わす内田裕也という「異端のおじいさん」の人生に迫る。

【後編】

主人公はお茶の間を賑わす内田裕也▽78歳で人生初密着!▽渡辺プロを飛び出した本当の理由▽45年に及ぶ不思議な夫婦生活‥妻・樹木希林が初めて語る真実とは?

先週に引き続き主人公は、内田裕也、78歳。現役のロックンローラーである。 去年の暮れ、今もライフワークとしてステージに立ち続ける「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」が、記念すべき45回の節目を迎えた。番組では、最後の力を振り絞りながら、ロックフェスに取り組む内田裕也の1年間に密着。波乱と矛盾に満ちた人生を振り返る内田の人生初の密着ドキュメンタリー。

1950年代のロカビリーブームに乗って上京した内田は、渡辺プロに所属。ザ・ビートルズの前座を務めたり、ザ・タイガースを発掘した。番組では、北野武、秋元康など縁の深い人たちも内田に関する証言者となり、その波乱万丈なエピソードが明らかになる。 内田の人生に迫るのは、40年来の親交がある映画監督・崔洋一。カメラは、内田の日常、リハーサルなどに密着。取材時間は、実に300時間にも及んだ。

そして、妻・樹木希林から初めて語られる二人の出会いから結婚生活の真実、そしてこれから…。 45年間に及ぶ「不思議な夫婦生活」の末、二人が選んだ人生の行方を見つめる。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA