あくせく売らない事が魅力的な「通販番組」

この番組は2015年から始まっているそうですが、個人的には今回が初見で、実に興味深く拝見しました。番組の最初にはすでに「ジャパネットたかた」の社長を引退し、現在は出身地である長崎に貢献するためということで、新たにサッカーJリーグのV・ファーレン長崎の社長に就任し、今季J1で戦えるチームを作っている高田明氏(「高」の字は実際は「はしご高」)が登場しました。

今回のポイントはワールドカップで中断しているサッカーJリーグのV・ファーレン長崎の後半最初の試合が新たにバルセロナからイニエスタ選手が加入する神戸だということで、スタジアム周辺から散歩を開始し、地元の人達とふれあっていきます。

改めて考えてみると、番組に出演している高田明氏はタレントではないものの、他の「お散歩系紀行番組」と比べてはるかに周辺の人々の食い付きが良く、高田明氏の方も事前の仕込みは十分にあるにしろ、旅で出会った人達やスタッフへの配慮をにじませつつ、神戸に出掛けたら行ってみたい場所をことごとく訪問していきます。

面白かったのが、一泊1500円という二畳のテレビ付きの「ドヤ」とかつては呼ばれた簡易宿泊所の中を見たいと言い出し、本当に部屋を見せてもらっていたことです。看板に書かれている内容は、実際部屋がどのくらいの状態になっているのかということは、特に安く神戸で宿を探している人にとってはいい情報になったと思います。このように、街をぶらぶらしながらも、どこにテレビを見ている視聴者の興味があり、何を知りたいかを瞬時に察知して飛び込んでいくだけの行動力というものを感じます。そうした行動力が会社を大きくし、さらにはV・ファーレン長崎をJ1リーグまで昇り詰めたという感じもするわけです。

番組の後半では同じ兵庫県の中でも、神戸からは遠い日本海側の豊岡まで行くことになりましたが、ここでも街を高田明氏が歩く中、豊岡以外ではあまり見たことがない地場産品の「カバンの自動販売機」と遭遇し、「一つ1,500円のカバンを買うのに二千円を入れても買えず、千円札と500円玉を入れなければ買えない」というかなり細かいカバン自動販売機についての情報を入れつつ、豊岡でも選りすぐりの鞄メーカーを訪ね、そこで一押しのカバンの数々を紹介してもらうことになります。

ここで終了するのが普通の番組であるというところなのですが、ここまでの中であえてその場で値段を聞かないということがまた、単なる視聴者をお客様に変える手法なのかも知れません。私などは通販番組の司会としてテレビからラジオまであらゆる商品を売ってきた高田明氏の事を知っていながら、「なぜ高田明氏は単なるお散歩番組を手掛けているのか?」と思いながらこの番組を見ていたのですが、最後に来てこれらのカバンを番組放送時に合わせて限定数ありのジャパネットたかたでのテレビショッピングの商品として出してきたときには、これこそ究極のテレビショッピングの番組ではないかと唸りました。

丁寧にカバンが作られている行程を紹介することで、当然きちんとした仕事で作られているカバンは安くはないだろうなあと思いながら見ていて、それでも海外ブランド品のカバンより安いのにきちんとした技術に裏打ちされた素晴らしいカバンであるということは番組を見ていた人には十分わかるはずです。特にあるメーカーでは実際にテレビでは言えない海外ブランドのカバンを手がけているということだったのですが、そのブランド名が明かされなくてもあくまでカバンとしての性能や細かい手作業の内容を見て、純粋に欲しいと思った方は少なくないだろうと思います。

もちろん、番組を見て豊岡のカバンに興味を持って実際にこの夏現地へ出掛け、そこで直接自分の好みのカバンを購入するつもりで出掛けてもいいのですが、この番組の魅力は高田明氏が出掛ける先で見たものや興味を持ったものを疑似体験できるところにもあります。テレビの取材ということではあるもののとにかく関係者のトップに直接お会いしてある程度まとめて購入することによる価格を実勢価格と見てこの金額は妥当か否かというのは、今ではネットで検索すればだいたいのところはわかりますので、買おうと思った人は素直に買ってしまうのではないかと思います。

ただこの番組は、いわゆるコマーシャルのない通販番組というジャンルのもので、今回ジャパネットたかたでは「BSフジ」「BS日テレ」「BS JAPAN」の3つのBS放送で違う日に放送されました。今回出てきた商品はホームページからでも購入することができます。ただしテレビで用意している個数を上回る注文が入った場合は、納期が伸びる可能性があるということも番組で語られていました。テレビを見ていてすぐ注文することによる「即納」というメリットを強調し、その土地の名産品を売りまくるというのは、単なるテレビショッピングの枠を超えた可能性というものを感じます。

もし番組の主役が元社長の高田明氏でなくタレントを使っての演出だったらここまでインパクトはないでしょうし、まさに、高田氏が元気でいるうちにだけ見られる貴重な番組ではないかと秘かに思っています。番組の再放送というのも番組自体で商品を売るということがあるのでなかなか再放送も難しいと思いますが、次のシリーズではどこへ行って何に興味を持って何を売ろうとするのか? という興味を持って見てみたいと本気で思っています。

(番組データ)

高田明のいいモノさんぽ 兵庫篇 BS日テレ
7/14 (土) 14:00 ~ 14:55 (55分)
出演 高田明

(番組内容)

高田明が全国の素晴らしいモノを探す旅「いいモノさんぽ」 舞台は兵庫県。港町で知られる神戸の「下町」を中心におさんぽ。 老舗居酒屋の名物女将や地下鉄にある意外な施設など知られざる神戸の魅力を発見! 最後はご当地の素敵な逸品にも出会います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA