三島由紀夫を現代に蘇らせる新ドラマ

当日の新聞のテレビ欄でこのドラマのことを知り、夜のサスペンスでは松本清張や西村京太郎、森村誠一はシリーズ化して放送しても、なかなかこの人の作品はドラマとして見る機会のない三島由紀夫氏の作品をドラマ化するということで見ようと思ったのですが、これが連続ドラマだとわかり、続けて見られるか不安に思ったのですが、オープニングからかなりぶっ飛んでいて素晴しいと心より思いました。

というのも、ドラマのオープニング舞踏に田中泯、語りが美輪明宏、そして主題歌がロックバンド「人間椅子」の書き下ろしという、まさに三島由紀夫の世界を現代の視聴者に見せる気満々という気合いが、これらの名前を列挙しただけでもわかる方にはわかるでしょう。でも、たまたま見るテレビがなくて、たまたま土曜夜9時になった時にBSジャパンに合わせてしまって、このドラマのオープニングを見てしまった方にとっても、何だこれは? と思わせるだけのインパクトは大きく、恐らく地上波で毎日番宣をやっているドラマと比べて見ている人は少ないんだろうなと思ってしまう悲しさもあります。

このドラマの元となった同名小説は50年前のものであり、ちょっとストーリーのテンポがゆっくりかなという感じを持つ方もいるかも知れません。さらに今回のパターンを見てしまうと、毎回死のうとする主人公が死ねないで続くというありがちなラストも見えてしまうのですが、実際のところ三島の描く「生」と「死」をからめた世界観を楽しむドラマでもあると思うので、何回か見続けることで感じてくる味というものを感じられるとしたら、ぜひそういう方には三島由紀夫の小説にも手を出して欲しいと思います。さらに、エピソードとともにどんなゲスト俳優さんが出てどんな怪演を見せてくれるかも楽しみです。

(番組データ)

[新]連続ドラマJ 三島由紀夫「命売ります」 BSジャパン
1/13 (土) 21:00 ~ 21:54 (54分)
episode.1『開業。命売ります』
【出演者】
・山田羽仁男…中村蒼
・井上薫…前田旺志郎
・宮本…田口浩正
・杉元杏子…YOU
・岸宗一郎…田中泯
【第1話ゲスト】
・岸宗一郎…田中泯
・岸るり子…橋本マナミ
・李正道…大杉漣
【原作】 三島由紀夫『命売ります』(ちくま文庫)
【脚本】 小山正太、大林利江子
【監督】 金澤友也
【音楽】 瀬川英史
【主題歌】「命売ります」人間椅子 (徳間ジャパンコミュニケーションズ)

(番組内容)

三島由紀夫が自決する直前に書いた怪作「命売ります」が初映像化!自殺を図るも失敗した羽仁男(中村蒼)は、自分の命を売り出す商売を始める。毎回舞い込む奇妙な依頼は…

変わらぬ社会、延々と続く日常に見切りをつけ、自殺を図った山田羽仁男(中村蒼)。しかし、死ぬことに失敗した羽仁男は、自分の命を売り物にして商売をすることを思い立つ。最初の客、岸(田中泯)の依頼は、自分の若き妻(橋本マナミ)と関係を持ち、その愛人に見つかって殺されてほしい、という奇妙なものであった…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA