テレビは直接権力に介入されると「褒め殺し」しかできないのか

テレビは真実を映し出し、さらにその真実を捻じ曲げようとする人達の姿も垣間見えるというテレビの特性が同時に出たのが本日の大相撲・元横綱の日馬富士関と伊勢ヶ濱親方(元・旭富士)が臨んだ記者会見とそれに関する報道でした。

私自身全ての記者会見の内容を見たわけではないのですが、多くの記者が質疑応答で質問する中では、どうしてもニュアンスの関係では同じ質問に聞こえてしまうこともあるでしょう。最後に登場すればするほどインタビューアーとしては不利になるのですが、その日の最後の質問者はテレビ朝日「報道ステーション」の富川アナウンサーでした。

彼が質問をしたところ、伊勢ヶ濱親方がその質問を遮った上で荒々しい口調で「さっき答えたから」と見ている側としては恫喝とも見える迫力で、親方が元横綱とのコンビネーションよろしくシャットアウトし、明らかにストレスがたまっているような親方が日馬富士関に対しての囁きの会話がマイクで拾われることによって、日常生活での伊勢ヶ濱部屋の中の様子や、日馬富士関が引退を余儀なくされる原因になった飲み会での様子も十分にテレビを見た人たちには類推できるような態度が出てきていました。もし、こんな感じで凄まれるとインタビューアーだけでなく、被害者と言われている力士も黙るしかないだろうなとも思いました。

更にびっくりしたのは全ての会見が終了した後でスタジオでのコメントを出す中一言も被害者の貴ノ岩に対する謝罪がなかったのに「いい会見でしたね」とか「横綱は潔い」というちょっと考えると「褒め殺し」ではないかと思ってしまうほど、彼ら相撲部屋関係者や協会に対する忖度がものすごく、よっぽど相撲ジャーナリストや友人を抱き込むだけの迫力があるのだろうなと思うと同時に、なぜこんなになるまで相撲協会は力士の暴走についてメスを入れられなかったのかと思ったりしました。ちなみに、同じ時刻に会見を中継していたフジテレビやTBSでも同じような状況があったというネット上で番組を見ていた人からの書き込みを見ましたが、この辺は今後の報道とも関わってくると思いますので、各社がどのようにこの内容を伝えていくのかを見て判断しようかと思います。

複数のメディアで同じような報道があると言われている中、唯一直接見させていただいた番組への感想ということで書かせていただきますが、テレビ報道の現場についても、今後この会見についてどのように伝えるのかということはあるものの、この「ミヤネ屋」での扱いというのは全く公平性を欠くことになっていて、恐らくこの番組と同じように日馬富士関サイドを擁護したメディアには、被害者の立場として警察に被害届を出した力士と貴乃花親方は、意地でも彼らに向けて喋ることはないだろうと思います。しかし、そういうメディアほどマイクを持って突進し、コメントが取れないとまた貴乃花親方へのバッシングを始めるのでしょう。

しかし、いくらテレビが今回の生中継の中で会見中にしでかした事をうまく編集して流したとしても、ネットでは手を替え品を替え動画のアップが拡散するでしょう。そして、その様子を見た方々は過去に「船場吉兆」の親子による会見で、女将さんの囁きをことさら強調した「公開いじめ」に近い事をしたことを思い出すかも知れません。テレビは当時船場吉兆の会見の様子を何回もビデオを流して批判しましたが、同じように日馬富士関と伊勢ヶ濱親方について批判をするところはあるでしょうか?

少なくとも、きちんと会見をノーカットで流した後に見たままの感想が言えるテレビでないと、力の強い人に関しては政治でもスポーツでも芸能でも全て長いものに巻かれて終わりになってしまいます。

とりあえずは会見でこっぴどく叱られてしまった「報道ステーション」の富川アナウンサーが涙を流して謝るのか、会見自体への批判を込めた報道をするのか注目したいところです。

(番組データ)

ミヤネ屋【日馬富士の胸中は?“心の師”が生激白!!▽速報!熊本女性市議】読売テレビ
11/29 (水) 13:55 ~ 15:50
出演 宮根誠司、林マオ、岸博幸、アンミカ、橋本五郎、竹村章(日刊スポーツ)

(番組内容)

▽何を思う?日馬富士!その胸中を“心の師”が生激白!事件後に語った進退&相撲への思い ▽速報!オェー熊本女性市議に動きが


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA